長谷部フル出場、ボルシアMGとスコアレス

   2015/05/28

長谷部フル出場のフランクフルトは決定機生かせず…乾は出番なし
引用元:ゲキサカ 4月18日(土)5時46分配信
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?161116-161116-fl

news_161116_1

[4.17 ブンデスリーガ第29節 フランクフルト0-0ボルシアMG]
ブンデスリーガは17日、第29節1日目を行い、MF長谷部誠とMF乾貴士の所属するフランクフルトはホームでボルシアMGと対戦し、0-0で引き分けた。長谷部はダブルボランチの一角でフル出場。乾は2試合連続のベンチスタートで、7試合ぶりの出番なしに終わった。
序盤はボルシアMGが主導権を握るが、最初の決定機はホームのフランクフルト。右クロスにFWネルソン・バルデスがヘディングで合わせたが、GKの好セーブに阻まれた。
スコアレスで折り返した後半もなかなかゴールが生まれない。後半11分、DFバスティアン・オチプカが左足でロングシュートを狙うが、GKがキャッチ。同25分にはバルデスのラストパスを受けたMFシュテファン・アイグナーが鋭い切り返しから左足でシュートを打ったが、枠を捉え切れなかった。
ボルシアMGも後半アディショナルタイム、途中出場のMFイブラヒマ・トラオレがドリブルで右サイドをえぐってマイナスに折り返し、同じく途中出場のMFトルガン・アザールが右足で合わせたが、惜しくもGKの正面。互いに決定機を生かせず、スコアレスドローに終わった。
8位フランクフルトは4試合勝ちなし(2分2敗)となったが、上位相手に勝ち点1を獲得。3位ボルシアMGの連勝は4で止まったが、これで9試合負けなし(6勝3分)となり、次節はホームで2位ボルフスブルクと対戦する。

長谷部フル出場のフランク、チャンス生かせずスコアレス…4試合未勝利
引用元:SOCCER KING 4月18日(土)8時52分配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150418/303305.html

470106782-11-500x351

ブンデスリーガ第29節が17日に行なわれ、日本代表MF長谷部誠と同MF乾貴士が所属するフランクフルトとボルシアMGが対戦した。長谷部は先発出場、乾はベンチスタートとなっている。
フランクフルトは、前節バイエルンに3-0の大敗を喫し3試合白星から見放されている。ヨーロッパリーグ出場権獲得のためにもこの試合で勝ち点3を奪い、18日に試合がある他チームにプレッシャーをかけたいところだ。
試合は開始早々からホームのフランクフルトが攻めこむ。1分、長谷部のロングボールに抜けだしたハリス・セフェロヴィッチがペナルティエリア左に侵入し、左足シュート。しかし、ボールはわずかにゴール上に外れた。
一方のボルシアMGにも決定機が訪れる。11分、左サイドのラファエルがロングボールを送ると、ペナルティエリア内に走りこんだパトリック・ヘアマンがダイレクトボレー。しかし、ここはGKケヴィン・トラップが好セーブで防ぐ。こぼれ球を再びヘアマンが狙ったが、ここはゴール左上に外れた。
ピンチを凌いだフランクフルトにも好機。34分、右サイドのアレクサンダル・イグニョフスキのクロスをネルソン・バルデスが頭で合わせたが、ここはGKヤン・ゾマーの攻守に阻まれた。このまま0-0で前半を折り返す。
なかなかゴールを割れない両チーム。56分、フランクフルトのバスティアン・オツィプカが中盤の左からロングシュート。しかし、ここはゾマーがしっかりとキャッチした。
70分、フランクフルトはハーフウェーライン付近でティモシー・チャンドラーがボールを奪うと、一気にカウンターへ持ち込む。パスを受けたバルデスがペナルティエリア右のシュテファン・アイグナーへ送ると、アイグナーが中央に切り込んで左足シュート。しかし、ここはゴール右に外れてしまった。
迎えた後半アディショナルタイム2分、ボルシアMGに大きなチャンスが訪れる。右サイドを突破したイブラヒマ・トラオレのマイナスの折り返しをトルガン・アザールがシュート。しかし、ここはトラップがビッグセーブ。
試合はこのまま終了のホイッスルを迎え、0-0のスコアレスドロー。フランクフルトは4試合未勝利となった。なお、長谷部はフル出場し、乾には出場機会が無かった。
次節、フランクフルトは敵地で同MF香川真司が所属するドルトムントと対戦する。
【スコア】
フランクフルト 0-0 ボルシアMG

長谷部フル出場のフランクフルト、好調ボルシアMGとゴールレス
引用元:超ワールドサッカー 2015年4月18日(土)5:37配信
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=199782

image

▽ブンデスリーガ第29節のフランクフルトvsボルシアMGが17日に行われ、0-0の引き分けに終わった。なお、フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部はボランチでフル出場。同国代表MF乾はベンチ入りも出場機会はなかった。
▽前節、首位バイエルンに大敗しリーグ戦3試合勝利がない8位フランクフルトが、ホームにリーグ4連勝中の3位ボルシアMGをホームに迎えた一戦。開始直後にセフェロビッチがファーストシュートを放つなど、立ち上がりはフランクフルトが攻勢を見せるが、時間の経過と共に試合の流れはアウェイチームに傾く。
▽10分、左サイドに流れたクルーズの絶妙な折り返しに反応したヘアマンが見事なダイレクトボレーを放つが、ここは飛び出したGKトラップにセーブされる。さらに2分後にはクルーズのスルーパスに抜け出したラファエルがゴールネットを揺らすも、ここはオフサイドの判定でノーゴールとなった。
▽前半半ばを過ぎても攻守の安定度で勝るボルシアMGが試合の主導権をがっちりと握る。だが、最後のところで身体を投げ出す相手の粘り強い守備を崩し切れない。すると34分にはイグニョフスキの右クロスからネルソン・バルデスに決定的なヘディングシュートを許すが、ここはGKゾンマーのビッグセーブで何とか凌いだ。その後はフランクフルトが盛り返しオープンな展開が続くが、前半はゴールレスで終了した。
▽互いに選手交代なしで迎えた後半は、前半終盤の勢いを継続したフランクフルトが良い入りを見せる。前半に比べてより高い位置でボール奪取が可能となったホームチームは積極的にショートカウンターを狙うが、ラストプレーの精度を欠いた。
▽その後もフランクフルトペースで時間が進む中、76分に絶好の先制機が訪れる。ボックス右でバルデスからパスを受けたアイグナーが深い切り返しでDFをかわし左足のシュートを放つが、このシュートはわずかに右ポストの外に外れた。
▽一方、後半は守勢が続いたボルシアMGは試合終了間際のラストプレーの場面で途中出場のトラオレの突破からボックス右でマイナスのパスを受けたトルガン・アザールが決定的なシュートを放つも、ここはGKトラップのビッグセーブに阻まれた。結局、試合はゴールレスのままタイムアップ。好調ボルシアMGの連勝を4でストップしたフランクフルトだったが、4試合ぶりの白星にはあと一歩及ばなかった。

長谷部フル出場、ボルシアMGとスコアレス
引用元:GOAL 4月18日(土)5時30分配信
http://www.goal.com/jp/match/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%88-vs-%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A2mg/1713903/report

1249782_heroa

17日に行われたブンデスリーガ第29節、フランクフルト対ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)の一戦は、0-0の引き分けに終わった。フランクフルトMF長谷部誠はフル出場。同MF乾貴士はベンチ入りしたが出場機会はなかった。
立ち上がりに良い入りを見せたのは3試合勝利がないフランクフルトだったが、3位ボルシアMGが10分すぎから主導権を握った。11分には左サイドのクルーゼから抜群のクロスが入るが、ヘアマンのシュートはGKに止められる。
その後もボルシアMGのチャンスは続き、特に左サイドからの崩しが目立った。何度も決定的なチャンスをつくり、先制は時間の問題のようにも見えた。だが、わずかにオフサイドの網にかかったり、プレーの精度を欠いたりして、ゴールを奪うには至らない。
耐えるフランクフルトは、チャンスの数は多くないが、しっかりとフィニッシュまで持ち込んだ。34分にはバルデスが決定機を迎えるも、ヘディングシュートはGKの好守に阻まれる。前半は0-0で折り返した。
後半に入ると、フランクフルトがボールを持って押し返す。しかし、なかなか攻めきれない。70分には高い位置でのボール奪取からアイグナーが決定機を迎えるが、ゴール前で放った左足のシュートは枠外。得点王のマイヤーがいないことが悔やまれる展開が続く。
時間の経過につれて、形をつくれないアウェーのボルシアMGは守りを意識して、勝ち点1を狙い始める。相手が守備に人数をかけ出すとフランクフルトはフィニッシュまでいけなくなり、試合は0-0のまま終了。勝ち点1を分け合っている。
(サンスポにて同配信記事)

サッカー、長谷部がフル出場 ドイツ1部、乾は出番なし
引用元:共同通信社 2015/04/18 08:50配信
http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015041801001180.html

f-nsp150418_hasebe-w500_0

【フランクフルト(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで長谷部誠と乾貴士が所属するアイントラハト・フランクフルトは17日、ホームでボルシアMGと0―0で引き分けた。長谷部はフル出場し、乾は出番がなかった。
▼長谷部誠の話 お互いに決め切れず、という感じになってしまった。手応えはあるが、最後の質を上げないといけない。
(サンスポ・スポニチ・デイリースポーツ・スポーツ報知他にて同配信記事)

長谷部フル出場 乾出番なし チームは4戦勝ちなし
引用元:日刊スポーツ 4月18日(土)8時45分配信
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1463183.html

f-nsp150418_hasebe-w500_0

<ブンデスリーガ:フランクフルト0-0ボルシアMG>◇17日◇フランクフルト
MF長谷部誠、MF乾貴士が所属するフランクフルトは、ホームでボルシアMGと0-0で引き分けた。
長谷部は守備的MFでフル出場、乾はベンチ入りしたが出場機会はなかった。
フランクフルトはボルシアMGのリーグ戦連勝を4で止めたが、4試合勝ちがなく9勝9分け11敗の勝ち点36で暫定8位。ボルシアMGは15勝9分け5敗の勝ち点54で暫定3位。

フランクフルトとボルシアMGはスコアレスドロー
引用元:AFP=時事 4月18日(土)10時58分配信
http://www.afpbb.com/articles/-/3045699?ctm_campaign=hover_menu

img_2f3521eb66ccdefe6e9b8ab009c8333e180747

【AFP=時事】14-15ドイツ・ブンデスリーガ1部は17日、第29節の試合が行われ、フランクフルト(Eintracht Frankfurt)は0-0でボルシア・メンヘングラッドバッハ(Borussia Moenchengladbach)と引き分けた。

長谷部フル出場、フランクフルトがボルシアMGの連勝止める/ブンデス
引用元:ISM 4月18日(土)11時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150418-00000010-ism-socc
ドイツ・ブンデスリーガは現地時間17日(以下現地時間)に第29節の1試合が行なわれ、長谷部誠と乾貴士所属の8位フランクフルトが3位ボルシアMGと0対0で引き分けた。長谷部はフル出場、乾はベンチ入りしたが、出場はなかった。
来季チャンピオンズリーグ(以下CL)に本戦から出場できる3位につけるボルシアMGを迎えたフランクフルト。ここまで3戦白星のない状況で4連勝中の相手との顔合わせとなったが、開始直後にセフェロヴィッチがゴールに迫るなど勢いを見せる。フランクフルトはその後もバルデス、アイクナーがチャンスを迎えるが決め切れない。それでも終了間際のピンチをGKトラップが防ぎ、勝ち点1を獲得。来季ヨーロッパリーグ出場権獲得に望みを繋いだ。
一方のボルシアMGは連勝が4でストップ。18日の試合で4位レヴァークーゼンが勝利した場合は、CLにストレートインできる3位争いがさらに激化することになる。ファーヴル監督は試合後、「もっと速いテンポでプレーしなくてはならなかった」と悔やんだ。

長谷部「手応えはあるが、最後の質を上げないと」
引用元:日刊スポーツ 2015年4月18日8時54分配信
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1463254.html
<ブンデスリーガ:フランクフルト0-0ボルシアMG>◇17日◇フランクフルト
フル出場したフランクフルトMF長谷部誠のコメント。
「お互いに決め切れず、という感じになってしまった。手応えはあるが、最後の質を上げないといけない」。

サッカー=フランクフルトがボルシアMGとドロー、長谷部フル出場
引用元:ロイター 4月18日(土)9時58分配信
http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPKBN0N901K20150418
[ベルリン 17日 ロイター] – サッカーのドイツ1部は17日、1試合を行い、長谷部誠と乾貴士が所属するフランクフルトはボルシアMGと0─0で引き分けた。長谷部はフル出場。乾は出場機会がなかった。
29試合を終えてフランクフルトは勝ち点36とし、暫定8位。国内リーグで9戦負けなしのボルシアMGは同54で暫定3位。

長谷部はフル出場=ドイツ・サッカー
引用元:時事通信 4月18日(土)8時9分配信
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2015041800086
【フランクフルト(ドイツ)時事】サッカーのドイツ1部リーグで17日、長谷部誠と乾貴士が所属するフランクフルトはホームでボルシアMGと0―0で引き分けた。長谷部はフル出場。乾はベンチ入りしたが出番はなかった

  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。