ホーム戦での強さを取り戻したフランクフルト

   2015/06/01

ホーム戦での強さを取り戻したフランクフルト
引用元:Kicker日本語版 02.03.2015, 12:40 配信
http://www.kicker-japan.com/2015/03/eintracht-auf-dem-weg-zur-alten-heimstaerke.html

ハンブルク戦での勝利により、ホーム戦で6戦連続無敗となったフランクフルト。それはEL出場権を獲得した2年前(7戦無敗)以来となる好調ぶりだ。第3節以降のホーム戦での成績を比較すると、アイントラハトは4位につけている。

Eintracht auf dem Weg zur alten Heimstärke
元記事: http://www.kicker.de/news/fussball/bundesliga/startseite/622114/artikel_eintracht-auf-dem-weg-zur-alten-heimstaerke.html
Sechs Heimspiele ohne Niederlage, zwei Jahre muss man zurückblättern, um so eine Eintracht-Serie zu finden. 2012/13 waren es sieben Partien ohne Niederlage vor eigenem Publikum – am Ende der Saison stand das Erreichen der Europa League. Seit der letzten Heimniederlage in dieser Spielzeit holten nur drei Vereine mehr Punkte im eigenen Stadion als Frankfurt.
Lediglich Werder Bremen (7 Heimspiele/16 Punkte), der VfL Wolfsburg (6/16) und Borussia Mönchengladbach (5/15) sammelten im zweiten Saisondrittel zu Hause mehr Zähler als Frankfurt (6/14). Nachdem die Eintracht-Fans Anfang November am 11. Spieltag ein 0:4 gegen den FC Bayern gesehen hatten, mussten sie in der Commerzbank-Arena keine Niederlage mehr miterleben. Dortmund, Bremen, Schalke, Hamburg: Die Vereine, die seitdem geschlagen wurden, besitzen klangvolle Namen. Wenngleich Frankfurt den Vorteil besaß, dass einige Gäste während einer ausgeprägten Schwächephase am Main auftauchten. Zwei weitere Heimpunkte resultierten aus den Unentschieden gegen Hertha und Wolfsburg.
Zuletzt bekam die Eintracht auch die Zahl der Gegentore in den Griff. Gegen Schalke (1:0) und den HSV (2:1) wurden sie auf ein Normalmaß reduziert. Vier der acht Heimgegentore aus den letzten sechs Spielen vor eigenem Publikum resultieren aus dem 4:4 Mitte Dezember gegen Hertha BSC. Am Samstag in einer Woche kann Frankfurt nun die Marke von 2012/13 (sieben Heimspiele ohne Niederlage) einstellen. Von den Glanzzeiten früher Zeiten, als es saisonübergreifend 27 Heimspiele waren (2. Spieltag 1971/72 bis 21. Spieltag 1972/73), ist die Eintracht allerdings noch weit entfernt.

羽生結弦 男が選ぶ「美肌男子アスリート」ダントツ1位
引用元:東京スポーツ新聞社 2015年3月3日 16時6分 配信
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/373251/

化粧品メーカー「シーボン」はこのほど、20~50代の男性483人を対象に「日本の美肌男子アスリートは?」とのアンケートを実施し、ソチ五輪フィギュアスケート金メダリスト・羽生結弦(20)が1位だったことを3日、発表した。
羽生を美肌男子アスリートに選んだ男性は483人中、33・7%の163人。13・3%で2位だったサッカー日本代表DF内田篤人(26)に大きく差をつけ、ダントツの1位だった。選んだ理由は「映像や画像を見て」というものが多く、ほかには「体や健康に気を使っていそうだから」という意見もあった。
ベスト10は以下の通り。
1位=羽生結弦(20=フィギュアスケート)
2位=内田篤人(26=サッカー)
3位=ダルビッシュ有(28=野球)
4位=内村航平(26=体操)
5位=石川遼(23=ゴルフ)
6位=錦織圭(25=テニス)
7位=遠藤(24=大相撲)
8位=魔裟斗(35=元格闘家)
9位=坂本勇人(26=野球)
10位=長谷部誠(31=サッカー)

高校サッカーファン必携!「2015高校サッカー年鑑」発売中!
引用元:ゲキサカ 15/3/3 18:08 配信
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?158149-158149-fl

9784062192897

2014年度の高校サッカーを完全網羅した永久保存版。全国高等学校体育連盟サッカー専門部のオフィシャル版が好評発売中です!
1977年度より刊行をはじめた由緒深いシリーズは、1冊に全てを凝縮。全国高校総合体育大会、国民体育大会、全国高校サッカー選手権の3本柱は、予選から決勝戦までの記録を収録。そのほか高校選抜海外遠征、全日本ユースなどの記録も掲載。2012年度の高校総体から正式種目として開催された女子サッカーの記録、さらに全日本高等学校女子サッカー選手権大会の試合結果もまとめています。
記録のみならず、独自企画も満載。選手権準決勝を戦いぬいた4校の主将が試合直後に一堂に会し行う座談会に、現在のサッカー界で活躍中の選手と高校時代の恩師による師弟対談(今年度は藤枝東出身の長谷部誠選手と服部康雄監督)など、高校時代という限られた中ではじける選手達の一途さをすくい上げています。
2014年度の高校サッカーを1冊に閉じ込めた永久保存版!

  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。