2日目・トレーニング内容詳細

 

欧州組にも容赦なし!鬼ハリル監督、“心拍数”に呼び出し&ダメ出し
引用元:サンケイスポーツ 2015.6.3 05:05 配信
http://www.sanspo.com/soccer/news/20150603/jpn15060305050001-n1.html

jpn15060305050001-p13

サッカー日本代表欧州組合宿(2日、千葉県内)「体脂肪率」の次は「心拍数」にダメ出し! 合宿2日目は午前中にインターバル走が行われ選手の心拍数が計測された。バヒド・ハリルホジッチ監督(63)は午後の練習前に、数値の良くなかったFW原口元気(24)=ヘルタ=ら4選手にダメ出し。改善を要求した。16日の2018年ロシアW杯アジア2次予選・シンガポール戦(埼玉)に向け、緻密にコンディション作りを進める。

初夏の日差しが和らぎはじめた午後練習の冒頭。ハリルホジッチ監督が眉間にしわを寄せ、FW原口、FW大迫、MF清武、DF酒井宏の4人を呼び寄せた。

「心拍数の回復に、改善の余地がある」

手に持った紙を見せながら、約10分間のダメ出し説法だ。午前の練習では欧州組8人が胸や手首に心拍計を巻き、ピッチ半周を30秒で走るインターバル走を12本敢行。その計測結果をグラフ、数値で表していた。

緻密なコンディション作りがハリル流の特徴。前回3月の合宿では体脂肪率を計測し、指揮官が求める「12%以下」の基準に満たないFW宇佐美(G大阪)らに苦言。そして今回は、心拍数だ。

「しっかり管理されている感じ。大事なことなので、積極的に取り組みたい」。清武が表情を引き締めれば、新体制で初招集の原口は「まさかここまでやるとは…。厳しいけれど、もっと上に行くため」と納得した。

もちろん、選手を叱責する材料を集めることが目的ではない。個々の体調を十分に把握し、最適な練習メニューを作成するため。この日は合宿初日に計測した心拍数を基に、選手によってインターバル走の距離を2メートル単位で微妙に変えた。酒井宏が最も長い165メートルで、GK川島は159メートル。甘やかさず、厳しすぎず。計算ずくで負荷をかける。

午前、午後ともにみっちり2時間の練習。最後のメニューを終える笛が響くと、夕暮れのピッチに川島や清武がへたり込んだ。「シーズン後にここまで走ることはなかった。いままで通りではいけないということ」とMF長谷部。モーレツ監督の熱血指導に、食らいつく。

ハリル監督 超細かっ!コンディション別、走る距離2メートル刻み
引用元:スポニチアネックス 2015年6月3日 05:30 配信
www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/06/03/kiji/K20150603010468540.html

IMG_2571

欧州組による合宿中の日本代表は2日、千葉県内で2部練習を行った。バヒド・ハリルホジッチ監督(63)は既にシーズンを終えている選手のコンディションを合わせるため、状態によって負荷を変える超緻密なフィジカルトレーニングを敢行。11日の親善試合イラク戦(日産ス)、16日のW杯アジア2次予選シンガポール戦(埼玉)に向けて、各選手の体調を徹底管理していく。

走る距離を数メートル単位で操作して、ハリルホジッチ監督が各選手のコンディションをコントロールした。午前に行われたピッチの半周を30秒でランニングするインターバルトレーニング。合宿初日の1日の練習で計測した心拍数の数値をもとに、走行距離が設定された。酒井宏の165メートルを最長に、長谷部、清武らが163メートル、吉田、大迫が161メートル、川島は159メートルを激走。全選手にハートレートモニターが着けられ、心拍数の上下動が随時、チェックされた。

計12本を走ったが、負荷を上げ過ぎた川島は8本目、吉田は10本目でストップがかかり終了。練習後に選手には数値をグラフ化した用紙が配布され、計測値はすぐにフィードバックされた。午後練習前に、指揮官は大迫、原口、酒井宏、清武を呼び「まだまだコンディションに改善の余地がある」と指摘。清武は「しっかりと管理されている。積極的に取り組んでいきたい」と前を向いた。

シーズンを終えた欧州組は今季最終戦の時期が違うため、コンディションはバラバラ。霜田技術委員長は「試合までに選手の状態を合わせるために走る距離を変えている」と説明した。日本は昨夏のW杯ブラジル大会の事前合宿で全選手が同じフィジカルトレーニングのメニューを行い、トップコンディションで本番を迎えられない選手がいた苦い経験がある。惨敗の一因にも挙がっただけに、日本協会として1年前の反省を生かすことを考えていたが、ハリルホジッチ監督に助言する必要はなかった。

午後はサーキット、ミニゲームなどが行われ、午前、午後を合わせた練習時間は計約4時間。長谷部は「監督は“週末にはかなり疲れがたまるだろう”と言っていたが、その辺も計算しているようだった。シーズン後にこんなに走った記憶はないけど、今まで通りならダメということ」と力を込めた。イラク、シンガポール戦に連勝するため、完璧主義者の指揮官はどこまでも緻密にイレブンのコンディションに目を光らせる。

ハリル監督、海外組合宿で緻密練習 心拍数で組分け
引用元:日刊スポーツ 2015年6月3日7時12分 配信
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1486527.html

sc-tm150603-harrie-w500_0

メートル刻みで徹底管理-。日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(63)が指揮する海外組合宿が2日、千葉県内で行われた。前日1日の心拍数データを参考にインターバル走では2メートル単位でポールを置き、グループごとに走る距離に差をつけた。FW岡崎の合流もDF長友と同じにするため半日遅らせるなど、指揮官は細かい計算のもと各選手の体調を管理した。

午前中のインターバル走は、前日のデータを参考に4組に分けて行われた。グループは「赤=DF酒井宏」「黄=DF吉田、FW大迫」「青=DF酒井高、MF長谷部、清武、FW原口」「緑=GK川島」。ピッチの隅に4色のポールが2~4メートル刻みで置かれ、1回に走る距離が赤165メートル、黄163メートル、青161メートル、緑157メートルに設定された。

走行距離による心拍数の上がり方、脈が整う回復力は選手によって異なる。負荷を平等にするため、グループごとに距離を設定した。午後練習の前には、午前中のトレーニング時の数値を選手に示し、監督と選手の面談も行われた。

原口は、前日午後のデータを、その日の夕食時に見せられたことを明かし「(浦和で師事した)フィンケも細かかったけどさらに細かいと感じた」と振り返った。合宿2日目にして、午前、午後と約4時間体を動かし、大迫は「きついけどもっと上に行くために必要」と話した。

FW岡崎の合流は、監督の細かい管理で半日延期された。きょう3日午後に合流予定のDF長友と同じタイミングで参加させ、負荷を同じにする意図からだ。ハリル監督の緻密な計算が、チームの体調を支えている。

ハリル流IDトレで海外組も「厳しい」悲鳴!
引用元:スポーツ報知 2015年6月3日6時0分 配信
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20150602-OHT1T50185.html

20150602-OHT1I50082-S

◆国際親善試合キリンチャレンジカップ2015 日本―イラク(11日・日産スタジアム)

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が2日、細かい管理と厳しい練習で海外組に悲鳴を上げさせた。アジア2次予選シンガポール戦(16日・埼玉)に備え、千葉県内のサッカー場で海外組8人が合同合宿2日目を行った。2部練習の午前には選手の能力、体調に合わせて2メートル単位で走る距離を設定。午後には集めたデータを分析し、回復力の改善などに注文をつけるなど、細部にこだわった。

ハリルホジッチ監督が厳しい表情で見守った。インターバル走で、ゴールに3色のコーンが置かれた。2メートルずつずれていた。スタートから161メートルの場所に緑色、163メートルに黄色、165メートルに赤。少しずつ差をつけられた距離を、それぞれの選手は30秒以内でゴールしなければならない。これを12本。「赤」を指定されたDF酒井宏に「頑張れ」とゲキが飛んだ。

指揮官は合同合宿初日の1日、選手にハートレート(心拍数測定装置)を着けて脈拍数を測り、体調を調べた。その結果を反映したのが2メートル間隔のコーンだ。試合中に走る距離が少ないGK川島が、最も短い161メートル走。コンディションがいい酒井宏は、30秒以内で165メートル走るスピードを求められた。残る長谷部、酒井高、吉田、原口、清武、大迫の6人が中間だった。体調に応じて練習メニューを変えたケースはあるが、距離を数メートル単位で分けたのは初めて。しかも川島は7本目、吉田は10本目で止める細かさだ。

さらに、インターバル走で計測した回復力を午後の練習前、すぐに選手に通知。FW原口らには「改善の余地がある」と忠告した。ハートレートを着けての練習はJリーグでも一般的だが、データ収集から選手に通知し、練習に反映させるスピードは異例の速さだ。

いわばハリル流ID調整。ヤクルト・野村前監督のID野球がインポータント(重要な)データの略称なら、こちらはインディビジュアル(個人の)データだ。世界の第一線でプレーしている海外組でさえ、一部選手が「細かい」と驚き、走るだけのメニューに「厳しい」と悲鳴が上がるほど。ただ、大迫は「みんな前向きにやれている。走ることは今のサッカーでは大事。走らないと攻撃も守備もできない」と前向き。長谷部も「選手にフィードバックしてくれるのは分かりやすい。今まで通りではダメ!ということでしょう」とハリル流にうなずいた。

ハリル監督は歴代の指揮官にはない緻密さと厳しさで、日本サッカーの改革を進めている。

岡崎&長友が合流、いきなり強度の高いトレ
引用元:日刊スポーツ 2015年6月3日21時11分 配信
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1486755.html

国際親善試合イラク戦(11日、日産ス)とW杯ロシア大会アジア2次予選シンガポール戦(16日、埼玉)に臨む日本代表の海外組合宿が3日、千葉県内で行われた。

午前は強い雨の中、20分間走や選手の心拍数の数値によって距離の長短が違うインターバル走などを実施。最後のジョギングでは、ハリルホジッチ監督が「ラストだ。頑張ろう」と声を掛けて一体感を演出。すべてのメニューが終わると拍手が起こった。

午後からはFW岡崎慎司(マインツ)とDF長友佑都(インテルミラノ)が合流。2人は110メートルを18秒でダッシュするインターバル走など、いきなり強度の高いトレーニングに取り組んだ。ハリルホジッチ監督の指示で半日遅れの参加となった岡崎は「長く休んだ分、きつい練習があることは覚悟してますから」。前日2日に帰国し、オフ返上での合宿入りとなった長友は「少しでもコンディションを上げたくて、来させてもらいました」と意識の高さを見せていた。

初日から参加しているMF長谷部やDF吉田ら8人は、ドリブルの技術を高めるサーキットや鳥かご(ボール回し)、4対4のミニゲームを行った。順調なため、翌4日の午後練習が“ご褒美”でオフになった。

ブンデス公式が日本人選手のデータ比較。長谷部、岡崎が2部門でトップ
引用元:フットボールチャンネル 6月3日(水)11時0分配信
http://www.footballchannel.jp/2015/06/03/post90975/

20150603_hasebe-okazaki_Getty-560x373

ブンデスリーガ公式サイトは2日、1部に所属する日本人選手の今季のデータ比較を掲載した。

ゴール数、シュート数、パス本数、1対1の勝率、1試合平均走行距離、トータル出場時間の6部門でデータを比較。マインツのFW岡崎慎司、フランクフルトのMF長谷部誠が2部門ずつで1位に輝いている。

岡崎はゴール数は12、シュート数59本で1位と日本代表のエースストライカーとしての実力がデータにも表れている。

フランクフルト初年度となった長谷部だが、開幕から出場停止を除く全試合に出場。トータル2852分で1位となり、パスの本数も1411本でチームの中心として活躍したことがうかがえる。

また、1対1の勝率では60%でハノーファーのDF酒井宏樹が、1試合平均走行距離では11.71kmでシュトゥットガルトのDF酒井高徳が1位となった。

2季ぶりに復帰したボルシア・ドルトムントのMF香川真司は、ゴール数が5でハノーファーのMF清武弘嗣と並び2位タイ、シュート数は39本、パス数889本で共に3位、1対1の勝率は42%で8位、1試合平均走行距離が11.0kmで2位、総出場時間は1879分で5位となっている。

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。