集合写真撮影

 

サッカー男子日本代表 非公開で戦術確認
引用元:NHKニュース 6月9日 22時11分 配信
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150609/k10010108671000.html

K10010108671_1506092209_1506092210_01_03

*リンク先に動画があります

サッカー日本代表は、ワールドカップロシア大会のアジア2次予選に向けた強化合宿で、9日は練習のほとんどを非公開にして戦術の確認を行いました。
この強化合宿は、今月16日のワールドカップロシア大会のアジア2次予選の初戦に向けて、8日から横浜市内で始まりました。
2日目の9日、追加で招集された名古屋グランパスのフォワード、永井謙佑選手が合流し、合わせて26人のメンバーが参加しました。選手たちは、はじめに全員で試合用のユニフォームを着てハリルホジッチ監督と記念撮影を行い、リラックスした様子で笑顔を見せていました。
練習は1時間半余り行われましたが、公開されたのは初めのおよそ15分間だけで、残りの時間は守備に重点を置いて戦術の確認を行ったということです。
この日は清武弘嗣選手が右足の裏に痛みが出たため、前日の川又堅碁選手に続いて、別メニューとなりました。
日本代表は11日、強化試合でイラクと対戦し、16日のアジア2次予選の初戦でシンガポールと対戦します

*続きはリンク先でお読みください

日本代表本田らランニング 川又、清武は別調整
引用元:日刊スポーツ 2015年6月9日19時36分 配信
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1489859.html

hariruP2015060902469-w500_0

サッカー日本代表は11日午後7時から横浜・日産スタジアムでイラク代表との国際親善試合に臨む。

チームは9日、試合会場で冒頭15分以外は非公開として調整した。公開された部分では本田(ACミラン)宇佐美(G大阪)らがランニングなどで体をほぐした。

追加招集の永井(名古屋)が合流したが、清武(ハノーバー)川又(名古屋)はけがのため全体練習に加わらなかった。

ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選E組初戦のシンガポール戦は16日に埼玉スタジアムで行われる。

(同記事多数)

日本代表、イラク戦前に非公開練習
引用元:デイリースポーツ 2015年6月9日 配信
http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2015/06/09/0008107736.shtml

「国際親善試合、日本-イラク」(11日、日産ス)

親善試合・イラク戦とW杯アジア2次予選・シンガポール戦(16日・埼玉)に向けて合宿中のサッカー日本代表は9日、冒頭15分間を除いた非公開練習で調整した。

関係者によれば、練習前の宿舎で、イラク戦に向けたミーティングを実施。イラクはW杯アジア2次予選では対戦しないが、最終予選では同組となる可能性もある。“座学”にあたるミーティングでは、映像などを用いて戦術を確認。ピッチ上の“実技”となった約1時間半の非公開練習では、守備戦術の確認などが行われたという。

イラク戦では、トップ下での起用が濃厚なMF香川真司(ドルトムント)は「自分の一番得意なポジション。常に結果を残していかないといけない」と意気込みを語った。

ハリルルール報道陣にも!取材エリア通過8、9選手に限定へ
引用元:メスポーツ報知 2015年6月9日6時0分 配信
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20150608-OHT1T50140.html

20150608-OHT1I50056-S

◆国際親善試合キリンチャレンジカップ2015 日本―イラク(11日・日産スタジアム)

サッカー日本代表は8日、2018年ロシアW杯2次予選の初戦となるシンガポール戦(16日・埼玉)に備え、横浜市内で25人全員が合宿を開始した。千葉県内で調整していた欧州組にJリーグの選手が合流し、約1時間半の練習をした。初の公式戦を控え、バヒド・ハリルホジッチ監督(63)は報道陣にも規制を強行。取材エリアを通る選手を早速8、9人に限定させた。代表活動の時間割に遅れが出るのを嫌った異例の措置だ。

ハリルホジッチ監督の“管理サッカー”が報道陣に飛び火した。「これからは私のやり方でやる」。練習前、選手とスタッフ全員で組んだ円陣の中央で力を込めた。

さっそく取材対応にメスを入れた。練習前、50人超の報道陣と日本協会が異例の協議を重ねた。「取材は4人」を希望するハリル監督の申し出に対し、メディアは「全員通してほしい」と要望。約1時間の話し合いの末、指揮官の了承を得て折衷案の「8、9人」で決着した。

練習後、FW岡崎、DF長友ら8人が姿を見せた。これまでは、けが人を除く選手は全員、取材エリアを通っていた。欧州では一般的なメディア対応だが、日本代表では異例。「ロシアW杯でトップ20を目指しているのだから、選手も歩調を合わせてほしい」との考え。日本協会によると「勝つための準備に時間を費やしたい」との狙いがあるという。取材に応じている時間も惜しい。指示通り、すぐに休息や食事など次の準備に入れ―。そんな指揮官の意図が透けてみえた。

ハリル監督は普段から全体ミーティングだけでなく、ポジション別、個人ごとに面談もする。しかもピッチでの立ち話などではなく、宿舎で腰を据えて考えを伝える。長友でさえ食事を終える時間、部屋に戻る時間まで指定されるなど、選手の実績を問わず徹底して管理する。

取材対応でミーティングなどの予定が遅れるのは我慢できないのだ。この日の取材時間は8人で合計25分。全員なら30~35分ほどかかる。ハリル監督はこの5分にこだわる。「時間がないから、時間を有効に使いたいという考え。勝つための手段はいろいろあって、これがベストな方法か分からない。ただ、既成概念を取り払おうという考えを“良し”と判断した」と霜田技術委員長。結果を残すためには手段を選ばない。国内組が合流して全員そろった初日。宿舎で食事後、みっちりミーティングが行われた。

ハリル監督“強権”発動!取材エリアの人数を制限
引用元:サンケイスポーツ 2015.6.9 05:02 配信
http://www.sanspo.com/soccer/news/20150609/jpn15060905020003-n1.html

サッカー・日本代表合宿(8日、横浜市内)ロシアW杯アジア2次予選E組初戦のシンガポール戦(16日、埼玉)に向けてJリーグ所属の選手が合流し、欧州組と合わせて全25人がそろった。

ハリルホジッチ監督がピッチ外で“強権”を発動した。これまで練習後に全選手が通っていた取材エリアを、コンディション調整を理由に人数を制限。同監督は4人を希望したが、従来の取材対応を求める報道陣との妥協案で、試合までに全選手が通るようにグループ分けをした。また、これまで自由だった選手の朝の散歩も規制。今回は試合日に全員で行うことになったという。

新入社員の理想の上司はイチロー選手と天海祐希さん 滋賀銀シンクタンク
引用元:産経新聞 6月9日(火)7時55分配信
http://www.sankei.com/west/news/150609/wst1506090022-n1.html

県内企業の新人が理想とする上司は、イチローと天海祐希-。滋賀銀行のシンクタンク「しがぎん経済文化センター」が今春の新入社員を対象に実施した意識調査で、こんな結果がまとまった。

意識調査は毎年、同センターが実施する新入社員研修の参加者を対象に実施している。今回は今年3月下旬から約1カ月間おこない、668人から回答を得た。

(中略)

以下、トップ5は、男性上司が(2)松岡修造さん(3)明石家さんまさん(4)池上彰さん(5)長谷部誠さん。女性上司は(2)真矢みきさん(3)江角マキコさん、仲間由紀恵さん(5)米倉涼子さん-だった。

(略)

*記事全文はリンク先よりお読みください

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。