イラクに完勝

   2015/06/12

3戦11発で3連勝!!ハリルJが4発快勝でW杯予選に弾み
引用元:ゲキサカ 6月11日(木)20時54分配信
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?164959-164959-fl

[6.11 キリンチャレンジ杯 日本4-0イラク 日産ス]

日本代表は11日、キリンチャレンジ杯でイラク代表と対戦し、4-0で快勝した。前半5分にFW本田圭佑のゴールで先制すると、同9分にDF槙野智章、同32分にFW岡崎慎司が追加点。後半39分には途中出場のFW原口元気がA代表初ゴールとなるダメ押しゴールを奪った。バヒド・ハリルホジッチ監督はこれで就任から3連勝。W杯アジア2次予選初戦となる16日のシンガポール戦(埼玉)へ勢い付く前哨戦となった。

日本はFW宇佐美貴史が左サイドでA代表初先発。DF長友佑都が左SBでハリルジャパン初出場初先発を果たし、MF柴崎岳も昨年10月14日のブラジル戦以来の先発で、ハリルジャパン初先発となった。

立ち上がりから攻勢に出る日本は前半5分に幸先よくゴールを奪う。中盤のボール奪取から柴崎が素早く前線へロングパスを送ると、これに反応した本田がGKとの1対1から左足でゴール右隅に流し込んだ。本田の2試合ぶり国際Aマッチ29得点目で先制すると、同9分にはMF香川真司の左CKがファーサイドに流れてきたところを槙野が左足で押し込み、追加点を奪った。

槙野はザックジャパン時代に行われた12年2月24日のアイスランド戦(3-1)以来となる国際Aマッチ2ゴール目。開始10分で2点のリードを奪うと、その後も日本が一方的に押し込む。前半13分、高い位置からプレッシャーをかけてボールを奪い、宇佐美が右足でシュート。GKが弾いたところに香川が詰めたが、GKが一歩早くボールを抑えた。

前半15分には本田のパスに抜け出した岡崎が決定機を迎えるが、右足のシュートはGKの体に当たってクロスバーを直撃。同16分、本田の左クロスに合わせた岡崎の左足ボレーはミートせず、同19分の柴崎のミドルシュートもゴール右へ外れた。

試合は徐々に膠着状態に入り、イラクが日本陣内に攻め込む場面もあったが、体を張ったディフェンスでチャンスをつくらせない。すると前半32分、柴崎からパスを受けた宇佐美が中央をドリブルで駆け上がり、相手を引き付けてフリーの岡崎へパス。岡崎が左足を振り抜いたシュートはGKの手を弾いてゴールネットを揺らした。岡崎は3戦連発となる国際Aマッチ44点目。3-0とリードを広げて後半に折り返した。

後半に入ると、日本の守備陣が安定感を欠く時間帯もあった。後半14分、相手の浮き球のパスを跳ね返そうとしたDF吉田麻也のヘディングが後方に流れ、FWアムジェド・ラディが抜け出しかけたが、槙野がギリギリのところでクリア。同15分にはイラクのFKにゴールを空けて飛び出したGK川島永嗣のパンチングが小さくなり、こぼれ球をMFサード・アブドゥルアミールがヘディングで狙ったが、カバーに戻っていた槙野がヘッドでクリアした。

日本は後半22分に3選手を交代。2列目の本田、香川、宇佐美が下がり、FW永井謙佑、原口、FW武藤嘉紀が入った。原口は13年7月28日の東アジア杯・韓国戦以来の代表戦出場で、トップ下でプレーした。同28分には岡崎に代わってFW大迫勇也がセンターフォワードの位置に入った。

後半31分、原口が遠めから右足でミドルシュートを狙うが、クロスバーの上へ。その直後にはMF長谷部誠に代えてA代表デビューとなるMF谷口彰悟を投入。キャプテンマークは吉田が引き継いだ。すると迎えた後半39分、高い位置でこぼれ球を拾った原口がドリブルでPA内へ切れ込み、そのまま右足を一閃。ゴール左隅に流し込み、ダメ押しの4点目を奪った。

原口は国際Aマッチ出場4試合目で待望の初ゴール。直後の後半40分には柴崎に代わってMF山口蛍が入り、6枚の交代枠を使い切った。そのまま無失点で試合を締めくくり、4-0の完封勝利をおさめたハリルジャパン。就任から3戦11発となる無傷の3連勝で16日のシンガポール戦へ弾みを付けた。

ハリル体制3連勝でW杯予選に弾み…本田ら4ゴールで大勝、原口が代表初得点
引用元:SOCCER KING 6月11日(木)20時53分配信
http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150611/321495.html

キリンチャレンジカップ2015が11日に行なわれ、日本代表とイラク代表が対戦した。

ロシア・ワールドカップ・アジア2次予選初戦のシンガポール代表戦を5日後に控え、最終調整の場となった一戦。1月のアジアカップで対戦した際には1-0で勝利したものの、同大会ではベスト4に入っており侮れない相手だ。日本の先発メンバーは本田圭佑や香川真司らに加え、宇佐美貴史が代表初スタメンとなった。

試合は3分、日本が右CKを獲得すると本田が速いクロスボールを送る。ニアに飛び込んだ酒井宏樹が頭で合わせたが、わずかにゴール左に外れた。

続く5分、左サイドで日本がスローインを入れると、ボールを受けた柴崎岳の前線へスルーパスを供給。本田がDFを背負いながら抜けだすと、ゴール右下にしっかりと流しこみ日本が先制する。

その後も攻め続ける日本。9分、香川が蹴った左CKからニアの吉田麻也がすらすと、槙野智章がこれを押しこみ、早々に2点目を奪った。

33分、パス交換からペナルティエリア手前でパスを受けた宇佐美がドリブル突破。エリア左に流れた岡崎慎司にラストパスを出すと、岡崎がこれをしっかりとゴール右に決め、リードを広げた。

ここまでシュートがなかったイラクだが、前半アディショナルタイム2分にFKを獲得。ジャスティン・ヒクマト・アジーズが直接狙ったが、わずかに枠の左に外れた。このまま3-0で前半を折り返す。

後半も日本がボールを支配しながら攻勢に出る。57分、左サイドでFKを獲得すると、本田が上げたクロスに岡崎が頭で合わせたが、決めきれなかった。

65分、右サイドでボールを持った本田が強烈なミドルシュートを放ったが、ここは惜しくも右ポストに当たってしまう。

日本は66分、本田、香川、宇佐美に代えて、原口元気、武藤嘉紀、永井謙佑を投入する。直後の71分、カウンターから永井が右サイドを突破してクロスを上げたが、ボールはファーサイドの武藤には合わなかった。

73分、岡崎に代えて大迫勇也を、76分には長谷部誠に代えて谷口彰悟をピッチに送り込んだ。谷口はA代表デビューを飾った。続く84分、柴崎が前線に送ったロングボールのこぼれ球を原口が拾いドリブル突破。そのままゴール左下に流し込んで4点差をつけた。

日本代表は、16日にロシア・ワールドカップ、アジア2次予選初戦のシンガポール戦に臨む。

【スコア】
日本代表 4-0 イラク代表

【得点者】
1-0 5分 本田圭佑(日本代表)
2-0 9分 槙野智章(日本代表)
3-0 33分 岡崎慎司(日本代表)
4-0 84分 原口元気(日本代表)

【布陣図付き】日本 4-0 イラク|本田、岡崎ら攻撃陣の爆発で難敵イラクを下す!!
引用元:SOCCER DIGEST Web 6月11日(木)21時8分配信
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=9584

9584_ext_04_0

新体制初招集の原口がダメ押しの4点目を決める。

国際親善試合の日本対イラクは6月11日、日産スタジアムで行なわれ、日本が4-0で勝利を収めた。

日本は、Jリーグ得点ランクトップタイの宇佐美貴史が代表初スタメン。左ウイングに入り、CFの岡崎慎司、右ウイングに入った本田圭佑とともに3トップを構成した。

中盤は、ボランチに柴崎岳と長谷部誠、トップ下に香川が起用された。最終ラインは、右から酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都、GKには川島永嗣が入った。

日本は立ち上がりからイラクを押し込み、5分には柴崎のスルーパスに反応した本田が抜け出すと、相手DFと競り合いながらもゴール右に流し込み、早くも先制点を挙げる。日本は攻撃の手を緩めず、9分にはCKから槙野がこぼれ球を押し込んで2点目。日本がさらにリードを広げる。

その後も日本はテンポ良く攻め続け、12分に宇佐美が強烈なミドルでイラクゴールを脅かすと、15分には本田との連係で抜け出した岡崎が右足で狙い澄ましたシュート。しかし、これはクロスバーを直撃し得点にはならなかった。

チャンスを逃し続けた日本だが、再びビッグチャンスが訪れる。32分、柴崎のスルーパスに抜け出した宇佐美がドリブルでDF3人を引き付けると、岡崎にタイミング良くラストパス。これを受けた岡崎が冷静にゴール右に流し込んだ。

前半を3点リードで折り返した日本は、後半に入っても素早いパスワークでイラクを揺さぶっては、スペースを鋭く突く攻撃を見せる。しかし、65分に本田の強烈なミドルがポストを直撃するなど、惜しい場面は見られるものの追加点が生まれない。

日本は66分に、本田に代えて永井、香川に代えて原口、宇佐美に代えて武藤を同時投入。さらに73分には岡崎に代えて大迫を起用し、3トップの顔ぶれは右から永井、大迫、武藤に変わり、トップ下に原口が入った。

76分にはキャプテンの長谷部に代わって谷口がピッチへ。谷口はこれがA代表デビューとなった。

84分、後半ゴールが遠かった日本に追加点が入る。柴崎の縦パスに反応した永井が前線で競り合い、そのこぼれ球を拾った原口がそのまま持ち上がりシュートを放つ。これがゴールネットを揺らし、日本がリードを4点に広げた。

終盤は再び日本の攻撃が活性化されてきたが、その後追加点は決まらずタイムアップ。結局日本が4-0でイラクを下した。日本は、6月16日にワールドカップ・アジア2次予選の初戦となるシンガポール戦に臨む。

【日本 対 イラク】サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評
引用元:SOCCER DIGEST Web 6月11日(木)22時43分配信
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=9585

イラクを圧倒。“ハリルイズム”は確実に浸透しつつある。

【日本代表|採点・寸評】

[MF]
17 長谷部誠 6.5
柴崎とバランスを取りつつ、鋭いパスを積極的に入れることで攻撃にリズムをもたらした。また中盤のフィルターとしても高性能だった。

*他の選手の評価についてはリンク先をお読みください

日本対イラク。柴崎、宇佐美、若い力が躍動し快勝【どこよりも早い採点】
引用元:フットボールチャンネル 6月11日(木)20時55分配信
http://www.footballchannel.jp/2015/06/11/post92254/

20150611_daihyo_getty

目立った縦への意識

6月11日、日本対イラクの一戦が行われ、4対0で勝利した。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

——————————
長谷部誠  6  いいカバーリングでピンチを未然に防ぐ。

*他の選手の評価についてはリンク先をお読みください

日本代表、イラク戦のスタメン発表…宇佐美が代表初先発、長友はハリル体制初出場
引用元:SOCCER KING 6月11日(木)17時33分配信
http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150611/321433.html

SHIN8572-500x333

11日にキリンチャレンジカップ2015でイラク代表と対戦する日本代表の先発メンバーが発表された。

宇佐美貴史(G大阪)が初めてスタメンに名を連ねた他、長友佑都(インテル)がハリルホジッチ監督体制で初出場。主将を務める長谷部誠や本田圭佑、香川真司らも入った。

試合は19時に日産スタジアムでキックオフされる。

■日本代表先発メンバー

▼GK
1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ/ベルギー)

▼DF
5 長友佑都(インテル/イタリア)
20 槙野智章(浦和レッズ)
22 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
19 酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)

▼MF
17 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
10 香川真司(ドルトムント/ドイツ)
7 柴崎岳(鹿島アントラーズ)

▼FW
9 岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
4 本田圭佑(ミラン/イタリア)
11 宇佐美貴史(ガンバ大阪)

■控え
▼GK
24 東口順昭(ガンバ大阪)
12 西川周作(浦和レッズ)
23 権田修一(FC東京)

▼DF
15 丹羽大輝(ガンバ大阪)
6 森重真人(FC東京)
3 太田宏介(FC東京)
21 酒井高徳(シュトゥットガルト/ドイツ)

▼MF
16 山口蛍(セレッソ大阪)
2 谷口彰悟(川崎フロンターレ)
13 清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)

▼FW
8 原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
14 武藤嘉紀(FC東京)
18 大迫勇也(ケルン/ドイツ)
26 永井謙佑(名古屋グランパス)

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。