新たな親善試合候補

 

FC東京 シーズン中“異例”のドイツ遠征計画
引用元:スポニチアネックス 2015年7月1日 08:07 配信
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/07/01/kiji/K20150701010644980.html

FC東京が、今夏にドイツ遠征を計画していることが分かった。日本代表の東アジア杯出場による今月末からのリーグ中断期間中で、フランクフルトからは親善試合の招待も受けているという。シーズン中の海外遠征は異例だが、今夏にマインツへ移籍する日本代表FW武藤嘉紀(22)効果もあり、首都クラブは今後も世界中にその名をアピールしていく。

日本の首都クラブが欧州に進出する!関係者によると、昨季一気にブレークした日本代表FW武藤効果もあり、今季の平均入場者数が前年より5000人増すなど乗りに乗っているFC東京が今夏、ドイツ遠征を計画していることが判明した。日程はJ1の中断期間中。現地では長谷部、乾が所属するフランクフルトと親善試合で対戦するプランも出ている。

フランクフルトは今夏に日本を訪れて浦和と親善試合を行う可能性があったが、日程など条件が合わずに断念した。Jクラブを招待するという逆の発想で、折り返し地点である第1ステージ終了時でクラブ史上最高の2位となったFC東京に白羽の矢を立てたという。

Jクラブが海外での親善試合に参加するのは、06年2月に浦和が当時提携関係にあったバイエルンM、ザルツブルクとのブルズ杯に出場した例などがあるが、シーズン真っ最中となれば異例中の異例。強行日程にはなるが、選手にとっては欧州のプレーを肌で感じられるなど、そのメリットは計り知れない。

くしくも第1ステージ躍進の立役者となった武藤は今月、フランクフルトと同じブンデスリーガのマインツに移籍する。フランクフルトとマインツは目と鼻の先の距離にあるだけに、武藤も観戦に訪れる可能性はある。元チームメートがライバルチームと戦うことになれば、武藤にとっても直接対決に向けた何らかのヒントが得られる可能性もある。

武藤がチェルシーから正式オファーを受けたことで、その名を世界にとどろかせたFC東京が、今度は欧州の舞台で雄姿を見せつける。

フランクフルト、カスタイニョスを獲得 宮市の元同僚もドイツへ
引用元:GOAL 7月1日(水)6時15分配信
http://www.goal.com/jp/news/123/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84/2015/07/01/13188962/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%A7%E3%82%B9%E3%82%92%E7%8D%B2%E5%BE%97-%E5%AE%AE%E5%B8%82%E3%81%AE%E5%85%83%E5%90%8C%E5%83%9A%E3%82%82%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E3%81%B8

フランクフルトは30日、トゥエンテからFWルク・カスタイニョス(22)を獲得したことを発表した。契約は2019年までとなっている。

新シーズンに向けてすでにレヴァークーゼンからMFシュテファン・ライナルツ、オーストリア・ウィーンからGKハインツ・リンドナーらを獲得したフランクフルトは、オランダ人アタッカーの加入も決めた。同選手はクラブの公式サイトを通じて、移籍を次のように喜んでいる。

(中略)

フェイエノールトやトゥエンテではFW宮市亮ともプレーしたカスタイニョスは、インテルでDF長友佑都と一緒だった。新天地となったフランクフルトではMF長谷部誠や乾貴士のチームメートになる。

「この苦戦を突きつめていかないと」長谷部誠が語ったシンガポール戦。
引用元:メルマガ@Numberダイジェスト 2015/07/01 16:30 配信
http://number.bunshun.jp/articles/-/823654

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
●今週の目次
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

【1】~W杯アジア2次予選/日本代表vs.シンガポール(1)~
長谷部誠、引いた相手への“縦”の難しさを感じて。

【2】~W杯アジア2次予選/日本代表vs.シンガポール(2)~
大迫勇也「足下、足下となったのが点を獲れなかった原因」

【3】~W杯アジア2次予選/日本代表vs.シンガポール(3)~
酒井宏樹「あそこでしっかり宇佐美に合わせられれば……」。

【4】~’14-’15シーズン、データで見る日本人ブンデスリーガー~
所属クラブでベスト5に入ったデータを一挙公開。

○●―――――――――――――――――――――――――――――――●○

【1】~W杯アジア2次予選/日本代表vs.シンガポール(1)~
長谷部誠、引いた相手への“縦”の難しさを感じて。

○●―――――――――――――――――――――――――――――――●○

6月16日、シンガポールとの試合に引き分けた後、多くの選手が言葉少なに記者に語って引き揚げていた。長谷部誠はそんななかで、そわそわとした様子を見せることもなく、質問した記者の目を見て、そちらを向いて話をしていったのが印象的だった。

――今日の試合については?

「相手のサイドのフォワードがしっかり戻って、サイドチェンジできるようなスペースもなかなかなく、真ん中でも、僕らボランチから当てようとすると、かなりしっかり、そこも締めてきていたので。ダイレクトで、ちょっと動かしながらそこに入れたときは、スポっと入るときはありましたけど、時間が経つにつれて、ちょっと自分たちも考える時間が長くなってしまったというか。中盤のところでもうちょっとパスがダイレクトで入っていけばもう少し違ったと思いますけどね」

――どのようなプレーをするか迷ってしまったと?

「相手もすごくスライドが早くて、真ん中を閉じるということをかなりしっかりやっていたので。そこで通るか通らないかという部分では、僕のパスも何回もカットされました。そこの部分では、丁寧に行こうとしすぎた部分ももちろんあった。ただ、もう少し行けたと思いますね」

――シンガポール対策としては何を考えていたのですか?

「今日に関して言えば、相手がこうやって引いてくるというのがわかっていたので、サイドから攻めるという部分があって、あとは、1タッチ、2タッチでそういうシンプルなプレーでスピードを上げていくというか。そういうところは、前半は良かったと思いますけど、なかなか点が入らないと、みんな丁寧に行き過ぎるというか、一人ひとりの考える時間がちょっと長くいってしまったのかなと思います」

――やりたいことをやらせてもらえなかった?

「相手の守備の仕方は確かに良かったと思うんです。ただ、もう少し攻撃のバリエーションが必要だったというか。引かれた相手に対しセンタリングを簡単に入れ過ぎていたり……。もう少し工夫してからいっても良かったのかもしれないし」

――これまでも多くの選手たちはアジア予選を経験してきましたが、それでも今日の試合で苦戦したという点については?

「前回大会も北朝鮮に苦戦したりして。ただ、勝ちきっていた部分はあった中で、今日は勝ちきれなかった。そこの紙一重の差なのか、大きな差なのか。もちろん、運もあると思いますけど、ただ、それを運で片づけずに、自分たちがそこをしっかり突きつめていかないといけないと思います」

対強豪国への速さと、アジアでの戦いとのバランス。

――サイドのMFが中に入りすぎて、真ん中でスペースがなくなってしまったという声も挙がっていましたが……。

「中盤の数が途中で2トップになって減ったりはしましたけど、そうなったときに縦の関係にするのか、横の関係にするのかというところで、まぁ(原口)元気が入ってきたときには、多少、縦の関係になるはずだったのが、フォワードにボールが入ったときに、落とすところに人がいないといけない、という部分もあった。ただ、真ん中は相手の守備がかなりしっかりしていたので、こういう結果になった以上は、自分たちが中盤のところで前に行き過ぎた部分はあったのかもしれないです」

――監督が横に手を広げるようなジェスチャーをしていましたが、あれは?

「サイドを使えという風にベンチからは言われていました。サイドからセンタリングもかなり上がっていましたけど……」

――前半はサイドからセンタリングを入れるような場面は少なかったですが?

「前半はどちらかというと、真ん中のところから(の攻撃)が多かったですけど。ただ、そのセンタリングも、後半もあげてはいましたけど、もう少し工夫があっても良かったのかなと」

――監督はサイドを使えという指示を送るものの、長谷部選手の感覚としては、それは難しかったと?

「相手が思った以上にウチのサイドバックに対して、開いて、しっかりとついていたので。サイドチェンジのボールがなかなか上手くいかなかったというのがあった。サイドに入ったときにも、もう少し中を使ってから外(に出す)とか。そうすることによって、サイドが空くので、そこでもう少し上手く……自分たちでサイドのスペースを空けられればと思いますけどね」

――ハリルホジッチ監督がトライしている、縦へのサッカーをやろうとする意識が強すぎたから上手くいかなかったと?

「うーん……そういう意味で言えば、今日みたいに引いた相手に対しては、縦へのサッカーという部分では、非常に難しいと言えば、難しい相手なのかなというのはやっていても感じました。ただ、チャンスが全くなかったわけでもなかった。点が入っていれば、また違う印象になったのかもしれないですけど、こういう引いた相手に対してどういう風にプレーしていくのか……。相手をわざと引き出してスペースを空けさせて、ということもあるだろうし。ただ、今日に関していえば、なかなか点を獲れなかった。みんなボールを取られたら、前からプレッシャーをかけに行こうとは言っていたので」

――縦へのサッカーをするのには「難しい相手」との試合を前に監督が、自身の目指すサッカーの練習をさせたというのは、日本代表がW杯で勝つためにはどうしたらいいのかを長期的に考えてのトレーニングをまずは優先していたと捉えていますか?

「そうですね。それは間違いないと思います。世界で勝つためにというサッカーを考えたときに、自分たちが1タッチ、2タッチで速いサッカーというのは、今までやってこなかったことなので。今までやってきたことにそれをプラスしていけたら、という風に考えていたんですけど」

――予選の最初の試合にむけて気を使っていたと思うのですが。

「それも難しいですね。結果論になってしまうので。自分たちは試合に対してのアプローチという部分では、やれることはやったと思う。それが、結果が出なかったということは、もしかしたら、それが上手くいっていなかったのかもしれない。こういうゲームに関しては、結果が全てなので」

――今まではこういう試合でも勝てたけど、今日は勝てなかったというのは?

「これからこういう相手がアジアの中では増えると思うんです。そういう意味で、もう一度、ほほを叩かれたというか。イラクなんかは、どちらかというと出てきてくれる選手なのでやりやすかったんですけど。逆に、こうやって引いてくるチーム、しかも、ただ引いてくるだけではなくて、かなりオーガナイズされたチーム相手に、やはり、もう少し、バリエーションというか、そういうものを持っていくことは大事なのかなと思います」

◇   ◇   ◇

このほかにも、大迫勇也、酒井宏樹の声を紹介。データで見る日本人ブンデスリーガーも必読です。
続きは、メルマガNumber「ミムラユウスケのブンデス日本人戦記」でぜひお読みください。

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。