渡独

 

長谷部誠「ブンデス最年長として負けないように」
引用元:日刊スポーツ 7月13日(月)9時51分配信
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1506237.html

ブンデス1部・フランクフルトの日本代表MF長谷部誠(31)がドイツでも主将魂を発揮する。12日、羽田空港からドイツに出発。

FW武藤がマインツに移籍し「いい選手だし相手にとって脅威」と警戒。「ブンデス所属の日本人選手はたくさんいますし、最年長として負けないようにやっていきたい」とライバル心をのぞかせた。武藤を含め現地での食事会開催の意向も明かし、ピッチ外での主将も担う覚悟だ。チームはフェー新監督が就任し、長谷部のサイドバック(SB)起用を示唆。長谷部は「SBは非常事態の時にやる感覚で、主戦場はボランチでやりたい。監督とも話したい」と中盤への思いを口にした。

長谷部 独へ出発!武藤移籍で闘志「負けない」
引用元:スポニチアネックス 2015年7月13日 05:30 配信
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/07/13/kiji/K20150713010725830.html

フランクフルトの日本代表MF長谷部が、マインツFW武藤に負けない活躍を誓った。

チーム合流のため、羽田発の航空機でドイツへ出発。今季ブンデスリーガに所属する日本人で最年長となる31歳は、武藤について「相手としては脅威」と実力を認めながらも「(日本人)最年長として、他の選手に負けないようにやりたい」と闘志を高めていた。一方で、ピッチ外では海外1年目の武藤をサポートする構えで「向こうで食事をしたい」と話した。

【前向き脳の作り方】スティーブ・ジョブズもやっていた!「瞑想」こそ、前向き脳を作る第一歩
引用元:DIME 2015年7月13日 2時30分 配信
http://dime.jp/genre/43289/

米国のエグセクティブから広がった“瞑想ブーム”が、世界中でブレイクしている。ありのままの自分を見つめ、真の強さを身につける──瞑想の本質こそ前向き脳を作る必要条件だった。

(中略)

●瞑想の本質は「自分を冷静に観察すること」

瞑想というと、宗教的な儀式、あるいはヨガのエクササイズというイメージが強い。しかし、歴史と文化が古い地域では昔から行なわれており、その手法は多岐にわたっていたと、大内さんは話す。そして、どの方法が正しいのかを考えることは無意味で、瞑想の本質を知り自分の生活の中で実践することが最も重要だと、強調する。では瞑想の本質が何か聞いてみた。

「自分を冷静に観察することです。瞑想は心と体をできるだけ静かな状態にするもの。静かにして自分に何があるのか、何が起きているのかを観察し続けることです」

また、自分のことをありのまま理解している人はそれほど多くはない、と大内さんは続ける。普段、冷静なつもりでも、こと自分自身のことについては、過度な期待をかけたり、逆に否定的であったりすることが多く、ありのままにとらえることは意外と難しい。また、過度な期待やネガティブな気持ちが様々なストレスを生み、どんどん本来の自分を見失っていく。その結果、判断力、集中力、柔軟な発想力といったものが失われ、ビジネスやプライベートに支障をきたし始めるという。

「瞑想によって本来の自分そして、自分の置かれた状態を観察することで、今の自分に何ができるのか、今の自分にとって何をすることが大事なのかを、常に落ち着いて把握することができます。それが、どんな状況でもブレない自分、つまり、本当の強さを身につけることにつながるのです」

(中略)

◎スーパーエグゼクティブからトップアスリートまで自分を強くする瞑想術
●無意識に毎日、瞑想を実践
サッカー日本代表 長谷部誠

寝る前に30分程度「何も考えないのでもなく、考えるのでもなく」ぼんやりする習慣があるという。フィジカル・パーソナルトレーナーの資格を持つ大内さんによると、スポーツの世界でも瞑想の効果が実証済みだという。

(中略)

*記事全文はリンク先よりお読みください

Aktuelles von Eintracht, SV98 & FSV
引用元:hr-online 14.07.2015 配信
http://www.hr-online.de/website/rubriken/sport/index.jsp?rubrik=38120&key=standard_document_41431325

(略)

+++ Hasebe freut sich auf Veh +++

Nach der Rückkehr aus seinem verlängerten Urlaub strotzt Eintrachts Japaner Makoto Hasebe voller Energie. “Ich habe mich die letzten Wochen vor dem Trainingsstart mit einem privaten Konditionstrainer auf die neue Saison vorbereitet. Das mache ich schon seit Jahren so. Ich fühle mich sehr gut”, sagte der 31-Jährige der “Bild”. Vor allem das Wiedersehen mit Trainer Armin Veh fiel herzlich aus. “Ich freue mich auf die erneute Zusammenarbeit. Wir hatten in Wolfsburg eine gute Zeit”, so Hasebe. Obwohl er bei den Wölfen unter Veh auch als Rechtsverteidiger aushalf, möchte Hasebe weiterhin auf der “Sechs” spielen. “Das ist meine Lieblingsposition”, betonte der japanische Nationalspieler gegenüber dem “kicker”.

(略)

*記事全文はリンク先よりお読みください

  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。