ちょっとした騒ぎ

 

長谷部&乾所属のフランクフルトとリーズのファンが乱闘、25名が逮捕
引用元:ゲキサカ 7月23日(木)22時42分配信
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?167864-167864-fl

21日にオーストリアのオイゲンドルフで行なわれた、MF長谷部誠とMF乾貴士の所属するフランクフルト対リーズ(イングランド2部)の練習試合で、両クラブのファンによる乱闘事件が起き、25名の逮捕者が出ていたことがわかった。ドイツ紙『キッカー』が報じている。

開始前からファンがピッチに乱入する場面も見られたこの一戦は、試合中にもファンの間で小競り合いが起きていた。さらに2-1でフランクフルトの勝利に終わった試合終了後には事態が悪化。ピッチで両クラブのファンによる乱闘が起き、すぐに警察が出動したが事態は収まらず、スタジアム外でもこの騒動が続いたという。これにより、25名が逮捕され、警察2名を含む数名が負傷したと同紙が伝えている。

長谷部ら所属のフランクフルト、練習試合でファンが乱闘騒ぎ 25名が逮捕
引用元:ISM 7月23日(木)11時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150723-00000012-ism-socc

現地時間21日にオーストリアのオイゲンドルフで行なわれた、長谷部誠と乾貴士所属のフランクフルト(ドイツ)とリーズ(イングランド2部)の親善試合で、ファンによる乱闘事件が起きていたことが分かった。この事件で25名の逮捕者と、警官2人を含む7名の負傷者が出ている。

警察の発表によれば、フランクフルトのファン約50名がスタジアム入場口に殺到し、セキュリティースタッフが負傷。2対1でフランクフルトが勝利した後、ピッチで両チームのファンが乱闘を起こしたとのこと。

警察は双方のファンを引き離すため、催涙スプレーを使用。なお、捜査は継続中だが、逮捕されたファンはすでに帰宅している。

地元当局によると、観戦者は1100名で、そのうちフランクフルトのファンが300名、リーズのファンが450名だった。

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。