一歩優位

   2015/08/07

長谷部の複雑な胸中
引用元:Kicker日本語版 2015/08/05 配信
http://www.kicker-japan.com/2015/08/blog-post_14.html

フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙では、現在は右SBとしてプレーする長谷部誠に関する記事を掲載した 。

ー以下、要約して記事を紹介

「難しい質問ですね。中盤よりも、右サイドの後ろでプレーする方が好きかな」多くのファンの前で、長谷部誠はうそぶいた。

「ボランチでプレーしたい」それが3週間前に長谷部が口にした本音だ。だが今は自分のエゴは横に置いておく。そのための「必要嘘」なのである。

右SBには、今週からチーム練習に復帰した米国代表チャンドラーが控えており、さらにMFイグニョフスキ、メドイェノヴィッチもオプションだ。しかしフェー監督は、ヴォルフスブルク時代の経験からも長谷部に信頼を置く。「彼はできる」

そして今回も長谷部は不満を口にすることなく、別の思いを心に秘めながら仕事を遂行しているのだ。中盤でリーダーとして、もっと大きな存在感を示したい。

だが今オフには、ドイツ代表経験もあるライナルツが加入。フェー監督は26歳のボランチが持つキープ力、パスの確実性、そして「ゴールへと導くパス」を評価しており、ダブルボランチをもしも採用するならば、長谷部はその隣でプレーする可能性は出てくることだろう。

とにもかくにも、チャンドラーが復帰するまでは右SBとしてプレーすることにはなるはずだ。だが、もしもそこでいい仕事をこなしてみせたら?

その時はフェー監督がそのまま起用し続けることを、長谷部自身も想像できている。そして少なくともそうなるならば、先発の座は確保するということにはなるが…。

Chandler im Wartestand
引用元:hessenschau.de 06.08.15 um 13:40 Uhr 配信
http://hessenschau.de/sport/fussball/eintracht-frankfurt/chandler-muss-sich-bei-der-eintracht-anstellen,chandler_im_wartestand-100.html

US-Nationalspieler Timothy Chandler ist zurück bei Eintracht Frankfurt. Weil er den Großteil der Vorbereitung verpasst hat, bleibt dem Rechtsverteidiger vorerst aber nur ein Platz auf der Bank.

Zwei Tage vor dem ersten Pflichtspiel im DFB-Pokal ist auch der letzte Nationalspieler von Eintracht Frankfurt in die Saisonvorbereitung eingestiegen. Rechtsverteidiger Timothy Chandler trainierte am Donnerstag zum ersten Mal wieder mit der Mannschaft.

Der 25 Jahre alte Amerikaner hatte im Juli mit dem Nationalteam der USA am Gold Cup teilgenommen und anschließend noch mehrere Tage Sonderurlaub gehabt. Seinen Stammplatz auf der rechten Seite ist er dadurch erst einmal los.

Hasebe hat die Nase vorne

Im Pokalspiel beim Bremer SV am Samstag (15.30 Uhr) soll der gelernte Mittelfeldspieler Makoto Hasebe auf dieser Position spielen. Auch Aleksandar Ignjovski ist eine Option. Chandler müsse sich “erst einmal hinten anstellen”, sagte Eintracht-Trainer Armin Veh.

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。