フル出場完封勝利

   2015/08/10

フランクフルトDFB杯1回戦、快勝
引用元:ブンデスリーガ公式サイト 08.08.2015 17:23:38 配信
http://www.bundesliga.com/jp/news/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9_378573.jsp

767321_toptease_article_desktop_com

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)1回戦の2日目が8月8日に行われ、長谷部誠と乾貴士が所属するアイントラハト・フランクフルトは5部のブレーマーSVに3-0で快勝した。長谷部はSBとしてフル出場し、乾は左サイドハーフとして先発し、62分にベンチに下がった。

ブレーマーSV 0-3 フランクフルト

最初のシュートチャンスは11分、乾がカウンターから素早くボールを送り、これをセフェロビッチが距離のある位置から放ったが相手GKに阻まれた。ここまで3度の好機を決められないでいたフランクフルトだったが、31分に新加入のライナーツとカスタイニョスのコンビからゴールが生まれる。40分のルスのシュートは相手GKの好セーブにより防がれたが、1点のリードで前半を折り返した。

後半開始直後の52分、ペナルティーエリア内からの乾のパスを相手GKがミス処理したところを、アイクナーが詰めて追加点を挙げる。71分にはワルトシュミットがだめ押しの3点目を奪い、フランクフルトが順当に2回戦への進出を決めた。

長谷部、右SBでそつなくプレー「与えられたところで頑張りたい」
引用元:サンケイスポーツ 2015.8.9 14:35 配信
http://www.sanspo.com/soccer/news/20150809/bun15080914350001-n1.html

ドイツ・カップ1回戦(8日、Eフランクフルト3-0ブレーマーSV、ブレーメン)Eフランクフルトの右サイドバックに入った長谷部はタイミングを見計らって攻め上がるなど、そつのないプレーを見せた。ウォルフスブルク在籍時も経験した位置で「中盤で出たい気持ちももちろんある」と言いながら「与えられたところで頑張りたい」ときっぱり。チーム事情を理解し、手薄なポジションを埋める働きで貢献した。

乾は後半7分、自らがつないだボールがチームの2点目に結び付いたが、全体的には攻撃に効果的には絡めなかった。本人も表情はさえず「全然よくなかった」と納得していない様子だった。

(共同通信社配信記事)

長谷部はフル出場=ドイツ杯サッカー
引用元:時事通信 8月9日(日)10時18分配信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201508/2015080900042&g=spo

サッカーのドイツ・カップは8日、各地で1回戦が行われ、長谷部誠と乾貴士が所属するフランクフルトは敵地でブレーマーSVに3―0で快勝し、2回戦に進んだ。
長谷部はフル出場し、乾は後半途中に退いた。
大迫勇也と長沢和輝がいるケルンは敵地でメッペンを4―0で下した。大迫はフル出場したが、長沢は出場しなかった。内田篤人のシャルケは敵地でデュイスブルクに5―0で大勝した。内田は出場しなかった。
山田大記が所属するカールスルーエは敵地でロイトリンゲンに1―3で敗れた。山田はフル出場した。

長谷部&乾が先発したフランク、今季最初の公式戦を3発完勝で飾る
引用元:SOCCER KING 8月9日(日)0時21分配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150809/338374.html

2015-16シーズンのDFBポカール1回戦が8日に行われ、日本代表MF長谷部誠、MF乾貴士が所属するフランクフルトとブレーマーSVが対戦した。

アルミン・フェー新監督のもと今シーズン初の公式戦に臨むフランクフルトは長谷部が右SB、乾が左MFで揃って先発出場。新加入のルク・カスタイニョスもスタメンに名を連ねた。

フランクフルトに最初のチャンスが訪れたのは12分。ピッチ中央から乾がドリブルで持ち運び前線で走りだしたハリス・セフェロヴィッチにスルーパスを送る。これを受けたセフェロヴィッチはエリア内左から左足でシュートを放つも、GKの正面に飛んだ。さらに16分には左CKからカスタイニョスが左足ボレーで合わせたが枠を捉えられない。

引いて守るブレーマーSVを崩せない時間が続いていたフランクフルトだが31分、シュテファン・ライナルツのスルーパスから裏に抜けだしたカスタイニョスがGKと一対一の局面を迎えると、右ポストをかすめるシュートを決め先制に成功する。

追加点を狙うフランクフルトは40分にセットプレーのこぼれ球をセフェロヴィッチがエリア手前から左足ボレーで狙ったがこれはGKに阻まれた。セフェロヴィッチは45分にも左からのクロスに頭で合わせたがシュートはクロスバーに直撃。結局1-0のまま前半を終えた。

後半開始早々の47分、マルク・シュテンデラからパスを受けたセフェロヴィッチがGKと一対一を迎えたが、左足アウトサイドのシュートはしっかりミートできず、ビッグチャンスを逃してしまう。

追加点が生まれたのは52分。右サイドの長谷部から低いクロスボールが入ると、中央でライナルツがワントラップからシュート。これはDFに阻まれたが、こぼれ球に反応した乾のコントロールが長くなったところをゴール前のシュテファン・アイグナーが押し込んだ。

60分、フランクフルトはシュンデラに代えてヨハネス・フルムを投入。続く62分にはルカ・ヴァルトシュミットとの交代で乾がピッチを退いた。すると71分、ヴァルトシュミットが指揮官の起用に応える。中央でパスを受けたヴァルドシュミットはドリブルで持ち込むとそのままエリア内に侵入。GKとの一対一を制してゴール左隅に決めた。

ブレーマーSVはカウンターからチャンスをうかがうも、なかなかシュートまでは持ち込めず苦しい展開が続く。一方、リードを3点に広げたフランクフルトは79分にカスタイニョスを下げジョエル・ゲレズギヘルをピッチへ送り出し交代カードを使い切った。

試合はこのまま3-0で終了。ブレーマーSVを退けたフランクフルトがDFBポカール2回戦進出を決めている。

フランクフルトは14日のブンデスリーガ開幕戦でヴォルフスブルクと対戦する。

【スコア】
ブレーマーSV 0-3 フランクフルト

【得点者】
0-1 31分 ルク・カスタイニョス(フランクフルト)
0-2 52分 シュテファン・アイグナー(フランクフルト)
0-3 71分 ルカ・ヴァルトシュミット(フランクフルト)

[DFB杯]乾がアシストを記録、フランクフルトが順当初戦突破
引用元:ゲキサカ 8月9日(日)1時21分配信
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?169224-169224-fl

DFBポカール(ドイツ国内杯)の1回戦が8日に行われた。MF長谷部誠とMF乾貴士の所属するフランクフルトはブレーマー(5部)と対戦し、3-0で勝利した。

アルミン・フェー新監督の下、新シーズンをスタートさせるフランクフルトが公式戦初戦を快勝で飾った。長谷部と乾が揃ってスタメンに名を連ねると、前半31分、スルーパスで裏に抜けた新加入FWルク・カステグノスがゴールネットを揺らし、先制に成功する。

追加点は後半7分、こぼれ球を拾ってエリア内に入った乾のコントロールが長くなったところをMFシュテファン・アイグナーが詰めてゴールネットを揺らす。乾に今季公式戦初アシストが記録された。さらに同26分にもFWルカ・バルドシュミットがゴールして快勝したフランクフルト。長谷部はフル出場、乾は後半17分まで出場して、勝利に貢献した。

1部勢7チーム順当白星 乾と大迫はアシストでそれぞれ勝利に貢献/ドイツ杯
引用元:ISM 8月9日(日)12時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150809-00000019-ism-socc

ドイツカップは現地時間8日に1回戦が各地で行なわれ、1部勢7チームが順当に次ラウンドへ進出した。乾貴士と大迫勇也は1アシストをマークし、それぞれのチームの勝利に貢献している。

乾と長谷部誠が所属するフランクフルトは、ブレーマーSV(5部)に3対0で勝利。1対0でハーフタイムを折り返すと、52分に長谷部からライナルツを経由してボールを受けた乾がアイクナーのゴールをお膳立てし、フランクフルトが2対0とリードを広げる。チームはその後もう1点加えて快勝した。乾は62分までピッチに立ち、長谷部はフル出場した。

大迫と長澤和輝所属のケルンはメッペン(4部)に4対0と完勝。大迫は79分に右からのクロスでモデストのゴールを演出し、白星に貢献した。モデストはこのゴールでハットトリックを達成している。大迫はフル出場したが、長澤はベンチ外だった。

内田篤人所属のシャルケはデュイスブルク(2部)を5対0で下し、快調な滑り出しとなった。開始4分にフンテラールが決めると、39分にナスタシッチ、前半終了間際にガイスが決めて試合をほぼ手中に。後半もディサントとゴレツカが加点して大勝を祝った。内田はベンチ入りから外れている。山田大記所属のカールスルーエ(2部)はSSVロイトリンゲン(5部)に1対3で敗れ、早くも敗退が決定。山田はフル出場した。

昨季のドイツカップ覇者ヴォルフスブルクは、シュトゥットガルト・キッカーズ(3部)を4対1で下し、幸先のいいスタートを切った。開始4分にデブルイネのアシストからクルーゼがネットを揺らすと、2対0で迎えた47分にはクルーゼのお膳立てから今度はデブルイネがゴール。最後は86分、デブルイネのラストパスからベントナーが決めて試合を締めくくった。

そのほか、ブレーメンは延長戦の末にヴュルツブルク・キッカーズ(3部)を2対0で下し、レヴァークーゼンもキースリンクらのゴールでロッテ(4部)に3対0で完封勝利。シュトゥットガルトもキール(3部)を2対1で退け、それぞれ2回戦進出を決めた。

この日行なわれた試合では1部勢で唯一、ホッフェンハイムが敗退。1860ミュンヘン(2部)に0対2と敗れ、早々に大会から姿を消した。

山田のカールスルーエが独杯初戦敗退…他の日本人所属クラブは勝利
引用元:SOCCER KING 8月9日(日)5時41分配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150809/338471.html

8日、DFBポカール1回戦が各地で行われた。

日本代表MF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトは、ブレーマーと対戦した。両日本人選手が揃って先発すると、52分にはシュートのこぼれ球に反応した乾が味方の得点を演出。同選手は62分に途中交代でピッチを後にするも、フランクフルトは3-0の勝利を収めた。なお、長谷部はフル出場している。

SVメッペンと対戦したケルンは、FW大迫勇也を先発起用すると、新加入FWアントニー・モデストのハットトリックなどで4-0と快勝した。フル出場した大迫は79分に3点目をアシストしたものの、MF長澤和輝はベンチ外となった。

また、シャルケはデュイスブルクに5-0で勝利したが、ひざの手術を受けた日本代表DF内田篤人は欠場している。

一方、MF山田大記の所属するカールスルーエとロイトリンゲン・フースバルの対戦では、山田をトップ下で先発させたカールスルーエが3人の退場者を出して3度のPKを献上し、1-3で敗れて大会から姿を消している。

なお、MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムント、MF武藤嘉紀が所属するマインツ、DF酒井宏樹とMF清武弘嗣が所属するハノーファー、DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVは9日に登場。10日は、MF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと、FW宮市亮の所属するザンクトパウリ(ブンデスリーガ2部)が同1回戦に臨む。

Eフランクフルト、ケルンがドイツ杯2回戦進出
引用元:サンケイスポーツ 2015.8.9 14:02 配信
http://www.sanspo.com/soccer/news/20150809/sci15080914020003-n1.html

サッカーのドイツ・カップ1回戦は8日、各地で行われ、長谷部誠と乾貴士のアイントラハト・フランクフルト、大迫勇也と長沢和輝のケルン(ともに1部)が2回戦に進んだ。

Eフランクフルトは3-0で5部のブレーマーSVを下した。長谷部は右サイドバックでフル出場し、乾は左MFで後半17分に退いた。大迫がフル出場したケルンは4-0で4部のメッペンに快勝した。長沢は欠場。右膝の手術を受けた内田篤人のシャルケ(1部)は2部のデュイスブルクに5-0で大勝。山田大記がフル出場した2部のカールスルーエは1-3で5部のロイトリンゲンに屈した。

(共同通信社配信記事)

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。