即先発の可能性

   2015/09/16

長谷部、再開初戦で即先発の可能性も
引用元:フットボールチャンネル 1月27日(火)12時0分配信
http://www.footballchannel.jp/2015/01/27/post68648/

アジア杯を終えてドイツに戻る日本代表MF長谷部誠が週末のブンデスリーガ再開初戦で先発起用される可能性があるようだ。26日のドイツ紙『キッカー』が伝えている。
長谷部とMF乾貴士は、28日からフランクフルトに合流する予定であり、週末に再開されるブンデスリーガの初戦に間に合う見込み。
冬のキャンプでは、アジア杯で不在の長谷部の代役を探すことが1つの課題となっていた。しかし、前半戦全試合に先発出場してきた長谷部の穴は大きく、いまだ決めかねている様子。
ところが、ここに来て長谷部の合流が早まり起用出来る可能性が出てきたため、同紙はよほどのことがない限りは起用するだろうという見解を示している。
トーマス・シャーフ監督は「まだ何も言えない。どのような状態か見る必要がある」と、明言を避けたが、状態次第で長谷部を先発で起用する可能性は高いようだ。
なお、乾に関しても、同ポジションのFWルーカス・ピアゾンの調子が良いものの、少なくとも前半戦のような働きを見せれば起用の可能性は高いと見ている。
フランクフルトは現地時間31日にアウェイでフライブルクと対戦する。

再開まで4日:厳しいスタートが予想されるクラブは?
引用元:ブンデスリーガ 26.01.2015 14:42:18 配信
http://www.bundesliga.com/jp/liga/news/2014/0000311722.php

1月30日、1カ月以上にわたる冬季中断期間を終えブンデスリーガ第18節がドイツ各地で開催される。しかし来週のミッドウィークには第19節、そして来週末には第20節が行われるなど、選手たちは再開後の1週間でいきなり3試合を戦うという強行日程を過ごさなければならない。
本項では、各クラブの再開序盤3試合における対戦相手の平均順位、その対戦相手との過去の戦績、そしてホーム及びアウェーでの勝率などを数値化。それぞれの項目で18クラブに順位をつけ、その順位が低ければ低いほど「(序盤3試合は)難しい相手と対戦。厳しいスタートになる」とした。

判断項目

1: 序盤3試合で戦うクラブの、第17節終了時における順位平均。高ければ高いほ   ど今季好調なクラブと対戦することになる。
2: 序盤3試合で戦うクラブとの過去の対戦から、1試合あたりに得る平均勝ち点を   算出し、それらを足した。この数値が低いほど苦手な相手と対戦することに。
3: 対戦相手に関係なく、今季ここまでのホーム及びアウェーでの勝ち点率を算出。   後半戦序盤3試合に当てはめ、得られるであろう勝ち点を予想したもの。

(中略)

フランクフルト

対戦相手
フライブルク(A)、ウォルフスブルク(H)、アウクスブルク(A)
注目点
・現在2位の好調ウォルフスブルク相手にフランクフルトは本拠でも分が悪い。過去8試合のうち勝利したのはわずかに1度だけ。
・アウクスブルクホームの試合はこれまで2回あり、2敗している。

(中略)

*他のクラブについてはリンク先でご覧ください

長谷部はフライブルク戦に間に合うか
引用元:Kicker日本語版 火曜日, 1月 27 配信
http://www.kicker-japan.com/2015/01/hasebe-und-weitere-fragezeichen-bei-der-eintracht.html
元記事:Kickerドイツ版 http://www.kicker.de/news/fussball/bundesliga/startseite/619871/artikel_hasebe-und-weitere-fragezeichen-bei-der-eintracht.html

フランクフルト|後半戦初戦のフライブルク戦では、果たしてフランクフルトはどのような布陣で戦う事になるのだろうか。特に注目されるのが、水曜日に乾と共に練習場に戻って来る、長谷部誠が間に合うかという所である。
水曜日にアジアカップから戻って来る長谷部と乾。この時期ならば、週末のフライブルク戦ではオプションとして考えられるだろうが、シャーフ監督は「まだ何ともいえない。まずはどのようなコンディションで戻って来るのか見てみなくては」とだけ語った。
特に長谷部誠の出場は、フランクフルトにとってより大きな意味合いを持つ事になる。
長谷部不在で臨んだ今冬のキャンプでは、ボランチを務めたメドイェノヴィッチはミスを露呈、フルムはまだブンデス1部の状態にはなく、CBルスも理想的な解決策とは言えない。
シャーフ監督は前半戦の終盤で、若手シュテンデラをCMFとして起用しており、同選手とコンビを組むには信頼出来る、守備をしっかりとこなし、規律をもたらしてくれる選手が必要だ。
長谷部は前半戦の終盤では、非常に良いレベルでコンスタントにパフォーマンスを発揮しており、アジアカップ直後という事で、特にフィジカル面で大きな問題がある訳でもないだろう。
その一方で、左ウィングでは乾貴士とピアソンの争いという事になる。
今冬のキャンプでは、シャーフ監督はピアソンを賞賛。しかし守備面で問題を抱えており、乾が最近見せていたようなパフォーマンスを発揮出来れば、有利な立場にはいるはずだ。

Hasebe und weitere Fragezeichen bei der Eintracht

Auf welche Startelf baut Trainer Thomas Schaaf zum Rückrundenauftakt in Freiburg? Die meisten Posten sind fest vergeben, doch es gibt auch einige Fragezeichen. Die spannendste Frage: Kann Makoto Hasebe nach seiner Rückkehr vom Asien-Cup am Mittwoch drei Tage später schon wieder im Breisgau spielen?
Am Mittwoch werden Takashi Inui und Makoto Hasebe aus Japan zurückerwartet. Inwieweit das Duo schon für die Partie beim Tabellenschlusslicht aus Freiburg in Frage kommt, kann Thomas Schaaf noch nicht beantworten. “Das kann man jetzt noch nicht sagen. Wir müssen abwarten, in welcher Verfassung sie zurückkommen. Spekulationen bringen nichts”, sagt der Trainer.
Normalerweise sollte die Zeit jedoch ausreichen, um am Samstag spielen zu können. Besonders ein Mitwirken des defensiven Mittelfeldakteurs Hasebe wäre von großer Bedeutung. Ohne den Japaner ist die Eintracht vor der Abwehr nicht gut aufgestellt. In der Vorbereitung konnte sich kein Mann für die Position des defensiven Sechsers nachhaltig empfehlen. Slobodan Medojevic agiert viel zu fehlerhaft, Johannes Flum, unstrittig ein Spieler mit Bundesliga-Format, bekommt von Schaaf kaum eine Chance, und Marco Russ ist auf dieser Position gewiss keine Ideallösung.
Sollte Schaaf wie vor der Winterpause auf den offensivstarken Marc Stendera im zentralen Mittelfeld bauen, braucht er einen zuverlässigen zweiten Mann, dessen Stärken in der Defensivarbeit und Organisation liegen. Hasebe spielte in den Wochen vor Weihnachten konstant auf einem sehr ordentlichen Level und dürfte gesetzt sein, sofern er nach dem Turnier in Australien nicht in ein körperliches Tief fällt.
Auf der linken offensiven Seite duellieren sich Takashi Inui und Lucas Piazon, den Schaaf während des Trainingslagers auffällig lobte. Da die Defizite des Brasilianers in der Arbeit gegen den Ball allerdings noch größer sind als bei Inui, dürfte der Japaner zumindest mittelfristig das Rennen machen, wenn er an seine Leistungen, die er zuletzt zeigte, anknüpfen kann.

Startet Zambrano direkt?

Mit Spannung erwarten darf man, ob Schaaf den nach seinem Außenbandriss im Knie wiedergenesenen Carlos Zambrano schon in Freiburg in die Startelf beordert. Im Test gegen Genf (3:4) sammelte der Peruaner am vergangenen Samstag erstmals wieder Wettkampfpraxis, hielt 45 Minuten ohne Probleme durch. Noch weist der zweikampfstarke Abwehrspieler jedoch Fitness-Rückstände auf. Spielt Zambrano, könnte der Platz von Russ wackeln. Da in der Innenverteidigung an Bamba Anderson aktuell kein Weg vorbei führt, bliebe für Russ nur die Position im zentralen defensiven Mittelfeld, um die sich Hasebe ab Mittwoch gewiss intensiv bewerben wird.
Relativ entspannt können Trapp, Chandler, Anderson, Oczipka, Aigner, Stendera, Meier und Seferovic dem Start entgegenblicken – es käme überraschend, sollte Schaaf einen der acht Stammkräfte auf die Bank oder Tribüne setzen. Zwar konnten die angeschlagenen Trapp (Erkältung) und Meier (Oberschenkelprobleme) gegen Genf nicht durchspielen, ein Ausfall am Samstag zeichnet sich aber nicht ab.

  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。