目標は「ヨーロッパリーグ」

   2015/09/16

長谷部「僕らの目標はヨーロッパリーグ」
引用元:フットボールチャンネル 1月30日(金)12時0分配信
http://www.footballchannel.jp/2015/01/30/post69165/

アジア杯から戻り、チームに合流したフランクフルトのMF長谷部誠は、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に意気込んでいる。29日発売のドイツ紙『キッカー』が伝えている。
前半戦を勝ち点23の9位で終えたフランクフルト。9位とはいえ3位までの勝ち点差は「5」となっており、チャンピオンズリーグ(CL)、EL出場権獲得圏内は目の前となっている。
同紙に対し、MFマルコ・ルスは「上位に残ることは可能だ。イングリッシュ・ウィーク(ミッドウィークにも試合のある週)にシーズン初めのような気持ちで勝ち点を稼ぐことをしなければいけない」と、再開初戦から試合数が多い中で、より多く勝ち点を挙げることの重要性を述べた。
28日から合流した長谷部、MF乾貴士も同様で「僕らの目標はヨーロッパリーグ」と明かしている。
トーマス・シャーフ監督は、このことについて明言は避けているが「我々の目的は、成長し続けていく事だ」と話している。
アジア杯を中2日で戦い、さらにブンデスリーガもイングリッシュ・ウィークと過密日程ではあるが、二人とも「準備はできている」と、ヨーロッパリーグ出場権獲得に向けて意気込んでいる。

長谷部、目標は「ヨーロッパリーグ」
引用元:Kicker日本語版 木曜日, 1月 29 配信
http://www.kicker-japan.com/2015/01/blog-post_29.html

フランクフルト|ヨーロッパリーグ出場権獲得圏内まで、勝ち点差4に迫っているアイントラハト・フランクフルト。マルコ・ルスは「上位に残るチャンスはある。だから最初の1週間で勝ち点を重ねていきたい」と語ったが、これにはアジアカップから戻って来た長谷部誠、乾貴士も同じ意見だ。「目標はヨーロッパリーグです」
だがシャーフ監督は、普段通りに「我々の目的は、成長し続けていく事だ」とコメント。つまり、前半戦で露呈した守備でのもろさを、改善しなくてはならないという事である。
実際今冬のキャンプでは、あまり良い形で来ているようには見えなかった。
ただルスは「フライブルク戦で勝ち点を取れれれば、テストマッチの結果はどうでも良いよ」とはしているものの、ここにきて長谷部と乾が戻って来たのは朗報である。
「彼らが戻って来てくれしいよ。前半戦の中盤、そして終盤では、長谷部がDF陣の前で、いかに落ちつかせているのか、僕たちは目にしているんだ。乾貴士はとても良いドリブルを持っている。」
そう喜びを見せたルスだが、これはまさにアンセルフィッシュな発言だといえるだろう。現在ルスは、長谷部もしくはザンブラーノが欠場しない限り、先発出場する事は困難な状況に置かれているのである。
しかし水曜日の練習を見る限り、欠場を余儀なくされる事はなさそうだ。
長谷部は「準備できてますよ」と述べ、また乾は「時差ぼけはありますけど、1・2日で治りますよ」と語った。
だがその一方で、ネルソン・バルデスとコンスタンティン・ジャクパは、負傷のために欠場する事が既に確定している。

The historical Rückrunde performance table
引用元:ブンデスリーガ公式サイト 28.01.2015 15:19:51 配信
http://www.bundesliga.com/en/liga/news/2014/0000311830.php

Cologne – With the Bundesliga’s resumption after a five-week winter break looming, bundesliga.com has taken a look through the history books at how well the 18 top-flight clubs have traditionally started the second half of the season.
The table of opening new year fixtures boasts plenty of surprises…

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。