疲労を考慮

   2015/09/18

ライナルツ「1ボランチは合う」長谷部は室内で練習
引用元:Kicker日本語版 2015/09/17 配信
http://www.kicker-japan.com/2015/09/reinartzalex-meier-war-krass.html

(略)

この試合で自身は長谷部、シュテンデラを前に1ボランチで試合に臨んだが「この役はやりやすいよ。1番あっているんじゃないかな。僕は守備的な選手だと思うし。オフェンシブにいくこともあったけど、シュテンデラがオフェンスに刺激を与え、僕がより安定の方に影響をもたらすというのはポジティブなことだと思う」との見方を示した。

また水曜日はマイアー、長谷部誠、そしてルスが練習に不参加。木曜での復帰が予定されるルスは負傷のために個人練習に勤しんでおり、先週代表に参加していた長谷部は復帰したばかりのマイアーと共に、体への負担を考え自転車でのトレーニングを行っている。

*記事全文はリンク先でご覧ください

清武や長谷部も実践中? ハノーファーとフランクフルトの“栄養改革”
引用元:SOCCER KING 9月17日(木)12時24分配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150917/350806.html

 医療やスポーツ科学は日進月歩。次々と新しい事実が判明し、以前は良いとされていたものが、「実は体に悪かった」なんてことは、そう珍しくない。元々ドイツは慣習や伝統を重視するお国柄ではあるが、今やブンデスリーガのクラブも積極的に新しい方法を取り入れるようになっている。

 そんな中、ドイツ紙『ビルト』が伝えたところによると、日本代表MF清武弘嗣と同DF酒井宏樹が所属するハノーファー、そして同MF長谷部誠所属のフランクフルトが、栄養面の改善に着手しだしたという。

(中略)

 一方のフランクフルトは、アレクサンドラ・ケレマンという若手栄養士を招聘し、アスレチックトレーナーのクリスティアン・コロツィエ氏とタッグを組ませ、チーム全体を改造中だ。同クラブは、ドイツ代表が2014年ブラジル・ワールドカップを制した時のように、牛乳やケーキをやめさせ、また肉や魚も少な目にし、その代わりに大豆やスペルト小麦(※現在の小麦の原種にあたる古代穀物)、ナツメヤシを積極的に摂取させるようにしているという。

 ケレメン氏は『ビルト』に対し、「ゴールド(に値する成績)を手に入れたければ、ゴールド(の価値がある栄養)を蓄えなければいけません。コロツィエ氏もどの栄養素が良いのか私に聞いてくれますし、試合前には牛乳ではなくナツメヤシを摂取することを勧めています。果糖は素早く体に吸収されますからね」と説明しており、また「サッカー選手は間違った栄養を摂ると胃酸過多の状況になりやすいことが分かっています。そして胃酸過多は、例えばスプリントをした時に筋肉を絶えず緊張状態にしてしまい、筋肉系の負傷を起こしやすいのです。食事の改善により、それを防ぐことができます」と、この措置がけがの予防に大きな効果があると話している。

 選手と一緒にオーガニック専門スーパーマーケットに出かけることもあるという同氏に触発されたスイス代表FWハリス・セフェロヴィッチは、毎週月曜にヨガを習いだし、スムージーや野菜バーガーなども食べるようになったそうだ。

「彼はチームメートにもこのやり方をすごく勧めていますね。他の選手たちも最初は『野菜だけだとフィジカルが弱くなってしまうのではないか?』と怖がっていましたが、私はその度に選手へこう言っています。『ゴリラは草食。それでもあんなに強いんですよ?』とね」(ケレマン氏)

 体の内部から向上を図っているハノーファーのソビエフ、そしてフランクフルトが、向こう数カ月でどのような変化を見せていくのか楽しみである。

*記事全文はリンク先でご覧ください

Ungebremster Angriffswirbel
引用元:Frankfurter Rundschau 17. September 2015 配信
http://www.fr-online.de/eintracht-frankfurt/eintracht-frankfurt-ungebremster-angriffswirbel,1473446,31831706,view,asFirstTeaser.html#/schedule-scheduleArchive-e810461

(略)

Derweil hockte der so Hochbelobigte im Kraftraum im Stadion und arbeitete, übrigens mit dem ebenfalls draußen fehlenden Makoto Hasebe, an den Geräten. Das war vorher so abgesprochen und hatte mit dem Dreierpack vom Wochenende nichts zu tun. Ohnehin war nach der Doppelschicht vom Dienstag dieses Mal eine eher lockere Einheit angesagt, die Eintracht-Profis spielten Fußball-Tennis.

(略)

*記事全文はリンク先でご覧ください

Zambrano gegen den HSV dabei – trotz Sorgen-Rippe
引用元:Frankfurter Neue Presse  17.09.2015 配信
http://www.fnp.de/sport/eintracht/Zambrano-gegen-den-HSV-dabei-trotz-Sorgen-Rippe;art785,1593552

Die etwas älteren Herrschaften durften am Mittwoch kürzer treten. Alexander Meier (32), Makoto Hasebe (31) und Marco Russ (30) haben beim Training der Frankfurter Eintracht gefehlt. Während die Kollegen beim Fußball-Tennis im strömenden Regen Spaß hatten, absolvierten die anderen drei Trockenübungen in der Kabine. „Ein bisschen Ausdauer auf dem Fahrrad, ein paar Kräftigungsübungen“, erklärte Trainer Armin Veh, „mit Verletzungen hatte das nichts zu tun.“ Alle drei werden an diesem Donnerstag, wenn sich die Mannschaft unter Ausschluss der Öffentlichkeit im Detail auf das Spiel am Samstag beim Hamburger SV vorbereitet, wieder dabei sein. Genauso wie Carlos Zambrano, der am Mittwoch normal trainiert hat und trotz dreier angebrochener Rippen wohl für Hamburg zur Verfügung steht.

(略)

*記事全文はリンク先でご覧ください

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。