低評価

   2015/09/23

独紙、後半途中までプレーの清武に及第点「チームに流動性を与えた」
引用元:SOCCER KING 9月21日(月)17時48分配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150921/352357.html

 ブンデスリーガは18日から20日にかけて各地で第5節が行われた。地元紙が、日本人選手の採点と寸評を掲載している。

 フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠は19日に行われた同DF酒井高徳が所属するハンブルガーSV戦に先発出場し後半アディショナルタイムまでプレー。地元紙『Frankfurter Rundschau』は長谷部にやや低評価となる「4」をつけた。なお、酒井高は出場していない。

(中略)

 各選手の地元紙による採点と寸評は以下の通り。(いずれも最高1点、最低6点)

■長谷部誠
対シュツットガルト(0-0△)先発出場、90+2分交代
『Frankfurter Rundschau』
採点:4
寸評:「悪質なタックルで早い時間帯にイエローカードをもらう。その後は、試合で存在感を発揮しようとしていたが、つねにそれが成功したわけではなかった。終了間際のコーナーキックがゴール後ろへと行ってしまったのは腹立たしい」

(中略)

*他の選手についてはリンク先でご覧ください

香川が1ゴール1アシスト、乾はまたもデビューお預け/欧州4大リーグ日本人選手
引用元:SOCCER KING 9月21日(月)17時26分配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20150921/352345.html

 欧州4大リーグ(リーガ・エスパニョーラ、プレミアリーグ、ブンデスリーガ、セリエA)が18~20日にかけて各国で開催された。日本人選手は合計10名が試合に出場している。

 ドイツ・ブンデスリーガ第5節で、MF香川真司の所属するドルトムントが20日にホームでレヴァークーゼンと対戦。リーグ戦5試合連続で先発出場となった香川は、1ゴール1アシストを記録し、3-0の勝利に貢献している。なお、今節ブンデスで出場した日本人7選手が全てスタメンだった。

(中略)

▼長谷部誠(フランクフルト)
対ハンブルガーSV戦(0-0△)先発出場、90分で途中交代
今シーズン通算記録:5試合出場/1アシスト

(中略)

*他の選手についてはリンク先でご覧ください

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。