元浦和レッズ対決

 

長谷部への期待度高い地元紙から心配の声「いったい彼に何が?」
引用元:SOCCER KING 9月28日(月)20時40分配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150928/354812.html

 ブンデスリーガ第7節が27日に行われ、日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと、同代表FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。両選手ともに先発出場し日本人対決が実現したこの一戦は1-1の引き分けに終わっている。

 試合は22分に昨シーズンのブンデスリーガ得点王であるドイツ人FWアレクサンダー・マイアーが決めてフランクフルトが先制すると終盤までリードを守っていたが、82分にヘルタ・ベルリンのチェコ代表MFウラジミダール・ダリダが同点ゴールを決め、勝ち点1を分け合う結果となった。

(中略)

 一方フル出場した長谷部は、らしからぬミス連発の低調な内容に終始。つねに長谷部への期待度が高い地元紙『Frankfurter Rundschau』からは、心配の声が上がった。

 両選手の採点と寸評は以下の通り。(最高1点、最低6点)

(中略)

■長谷部誠
対ヘルタ・ベルリン(1-1●)フル出場
『Frankfurter Rundschau』
採点:5
寸評:「いったい彼に何が? 試合も、自身のパフォーマンスもコントロールできていなかった。彼のようなベテランがチームをサポートすべきところだが、ミスがあまりにも目についた。本来の彼なら味方を助けるのだが」

*記事全文はリンク先でご覧ください

原口、長谷部に独紙が辛口評価…… ヘルタとフランクフルトの一戦は痛み分けに
引用元:theWORLD(ザ・ワールド) 9月28日(月)7時40分配信
http://www.theworldmagazine.jp/20150928/01world/germany/21312

マイアーが既に4ゴール

ブンデスリーガ第7節が27日に行われ、MF長谷部誠が所属するフランクフルトとFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが対戦し、1-1で引き分けた。長谷部はフル出場、原口は88分に途中交代でピッチを退いている。

試合はホームのフランクフルトが先制した。21分、CKからマイアーが頭で押し込み、今季4点目を挙げる。昨季19ゴールを挙げて得点王に輝いたエースは、4月に膝の手術を行い、8月に復帰したばかりであるにも関わらず絶好調だ。
右サイドハーフで先発した原口は、前半こそボールに絡めなかったものの、後半にポジションを左サイドに移してから存在感を見せる。59分には得意のドリブルからイビシェビッチにラストパス。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWはこれをしっかりと決めたが、判定はオフサイド。最終ラインに残っていたフランクフルトの選手は長谷部だった。

このまま試合終了かと思われた82分、試合が動く。相手のクリアミスを拾ったヘルタMFダリダが冷静にゴール隅を狙ったシュートで同点にすると、そのまま試合終了の笛が鳴った。両チームは勝点1ずつ手にしている。

独『ビルト』が試合後に発表した速報採点(1が最高点、6が最低点)では、長谷部、原口ともに「4」とやや厳しめの採点が付けられている。

長谷部、原口ともにチャンスに絡むも痛み分け
引用元:ゲキサカ 9月28日(月)6時45分配信
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?172941-172941-fl

[9.27 ブンデスリーガ第7節 フランクフルト1-1ヘルタ・ベルリン]

ブンデスリーガは27日、第7節3日目を行い、MF長谷部誠の所属するフランクフルトはホームでFW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンと対戦し、1-1で引き分けた。長谷部は3ボランチの右で先発し、フル出場。原口は右サイドハーフで先発したが、後半41分に交代した。

フランクフルトは前半8分、長谷部の右クロスにMFシュテファン・アイグナーが右足で合わせるが、ゴール右へ。長谷部がファーストチャンスを演出した。ヘルタも同14分にDFマルビン・プラッテンハルトの左クロスにFWベダド・イビセビッチが左足で合わせる決定機をつくったが、GKが体を張って防いだ。

このプレーで獲得した右CK。ヘルタはMFブラディミル・ダリダのキックにイビセビッチが頭で合わせたが、惜しくもクロスバーを叩いた。立て続けにビッグチャンスを逃すと、この直後にセットプレーから先制を許した。

フランクフルトは前半22分、MFマルク・シュテンデラの右CKをニアでDFマルコ・ルスが頭でそらし、中央のFWアレクサンダー・マイヤーが倒れ込みながら左足でゴール右隅に流し込んだ。同42分にもシュテンデラの右足ミドルがクロスバーを直撃するなど優勢に試合を進め、前半を1点リードで折り返した。

ヘルタは後半に入ると、原口が左サイドに回り、反撃に出る。後半14分、原口のスルーパスに抜け出したイビセビッチが右足でゴールネットを揺らすが、わずかにオフサイドの判定。それでも同38分、途中出場のMFアレクサンダー・バウムヨハンのスルーパスがDFに当たってこぼれたボールをダリダが拾ってPA内に持ち込み、右足でゴールに流し込んだ。

土壇場で1-1の引き分けに持ち込んだヘルタ。連勝は逃したが、敵地で貴重な勝ち点1を獲得した。一方のフランクフルトはこれで3試合勝ちなし(2分1敗)となった。

フランクフルト長谷部はフル出場…チームは引き分け
引用元:サンケイスポーツ 2015.9.28 00:53 配信
http://www.sanspo.com/soccer/news/20150928/bun15092800530001-n1.html

サッカーのドイツ1部リーグで長谷部誠のアイントラハト・フランクフルトは27日、ホームで原口元気のヘルタと1-1で引き分けた。長谷部はフル出場し、原口は試合終盤に退いた。(共同)

原口元気の話
「勝ち点1を持ち帰れたのはよかった。チームとして選手が入れ替わり、ポジションが変わったので慣れるのに少し時間がかかった」

長谷部誠の話
「簡単にボールを失う回数が多かった。そうなると押し込まれる。追加点を取れる好機は何度かあったので、そこで決めていればもうちょっと楽な試合になった」

ともに右MFで先発、長谷部VS原口は1―1痛み分け…
引用元:スポニチアネックス 2015年9月28日 07:06 配信
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/09/28/kiji/K20150928011219110.html

フランクフルトのMF長谷部とヘルタのFW原口の日本人対決は、1―1の痛み分けに終わった。

フランクフルトのホームで対戦。ともに右MFとして先発した。直接競り合う場面はなかったが、ともに勝利を目指して積極的にボールに絡んだ。フル出場の長谷部は前半8分、ニアに走った味方に右クロスで好機を演出。後半42分に退いた原口も得点には絡まなかったが、見せ場をつくった。

サッカー、長谷部はフル出場 ドイツ1部、原口終盤退く
引用元:共同通信 2015年9月28日 0時48分 配信
http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015092701001539.html

【フランクフルト(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで長谷部誠のアイントラハト・フランクフルトは27日、ホームで原口元気のヘルタと1―1で引き分けた。長谷部はフル出場し、原口は試合終盤に退いた。

原口は不発、長谷部との日本人対決は1-1ドロー
引用元:日刊スポーツ 2015年9月28日9時8分 配信
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1545082.html

<ブンデスリーガ:フランクフルト1-1ヘルタ>◇27日◇フランクフルト

 ヘルタの日本代表MF原口元気(24)が、フル出場したが無得点に終わった。おもに左サイドに入ってプレー。前半15分に右斜めから放った右足シュートはGK正面で阻まれた。

 1点ビハインドの終盤は中央に入ってプレー。相手守備網をかき乱すと、後半37分にチームが同点に追いついた。また、フランクフルトの日本代表MF長谷部誠(31)はボランチの位置でフル出場。序盤は攻撃に参加したものの、後半は押し込まれ守備に奔走。結局、日本人対決は痛み分けとなった。

ヘルタが土壇場で追いつく! 原口が左サイドで好機演出
引用元:theWORLD 9月28日(月)0時29分配信
http://www.theworldmagazine.jp/20150928/01world/germany/21246

中盤で気の利いたプレイを見せた長谷部

ブンデスリーガ第7節が27日に行われ、MF長谷部誠が所属するフランクフルトとFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。

この試合に日本人選手2人とも先発を果たす。長谷部は[4-4-2]の中盤センター、原口は[4-2-3-1]の右サイドハーフでスタートしている。

試合はホームのフランクフルトが先制する。21分、CKからルスが頭で落としたところにマイアーが合わせ、コースを正確に突いたシュートでネットを揺らした。昨季得点王マイアーは既に今シーズンも既に4点ゴールを挙げている。

ヘルタは前節2ゴールを挙げたFWイビシェビッチにボールを集めるも、ゴールには結びつかない。13分にはゴール前で受けたイビシェビッチがシュートを放ったものの、これはGKフラデツキーの正面となった。前半はこのまま1-0でフランクフルトがリードして終えている。

前半は守備に追われてボールにうまく絡むことが出来なかった原口だが、後半から左サイドにポジションを変えると、徐々に存在感を見せ始める。59分、カウンターでボールを受けた原口は左サイドからドリブルで持ち上がり、ボックス内でフリーのイビシェビッチにラストパス。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表ストライカーはこれをしっかりと決めたが、副審はオフサイドの判定を下す。最終ラインの微妙な駆け引きだったが、惜しくも得点は認められなかった。

フランクフルトは70分にこの日誕生日を迎えたFWカスタイニョスを投入。77分にはロングボールに抜け出してGKと1対1を迎えるも、シュートは大きく枠の外へ飛び、バースデーゴールならず。

試合はこの後落ち着いた展開が続いていたものの、突如として動く。82分、相手のクリアミスを拾ったダリダが拾い、冷静にゴール左隅に流し込み、ヘルタが同点弾を挙げた。

同点後に勢いづいたヘルタはこの後も攻め込むが、これ以上スコアが動くことはなく、試合終了の笛が鳴った。両チームは勝点1ずつ分け合う形になっている。長谷部はフル出場、原口は88分までプレイした。

[メンバー]

フランクフルト:フラデツキー、ルス、オツィプカ、アブラハム、ライナルツ、マイアー、アイクナー(→カスタイニョス 70)、長谷部、ステンデラ、イグニョフスキ、カドレツ(→ヴァルトシュミット 56)

ヘルタ・ベルリン:ヤーシュタイン、シュタルク、ヴァイザー、プラッテンハルト、シェルブレ、ダリダ、チゲルチ(→シュトッカー 67)、ルステンベルガー、カルー(→バウムヨハン 78)、イビシェビッチ、原口(→ベルフ 88)

[スコア]

フランクフルト 1-1 ヘルタ・ベルリン

[得点者]

フランクフルト:マイアー(21)
ヘルタ・ベルリン:ダリダ(82)

原口先発のヘルタ、終盤に追いつきフランクとドロー…長谷部はフル出場
引用元:SOCCER KING 9月28日(月)0時20分配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150928/354550.html

ブンデスリーガ第7節が27日に行われ、日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと、同代表FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。両選手とも右サイドハーフで先発出場し、日本人対決が実現している。

ここまで2勝2分け2敗のフランクフルトが、ホームのコメルツバンク・アレーナに、3勝1分け2敗のヘルタ・ベルリンを迎えての一戦。フランクフルトは勝利すれば6位に、ヘルタ・ベルリンは4位まで上昇できる可能性がある。

ホームのフランクフルトが最初のチャンスを迎える。8分、長谷部が右サイドからクロスを供給。ニアサイドに飛び出したシュテファン・アイグナーが右足で合わせるも、枠のわずかに右に外れた。

一方のヘルタ・ベルリンは14分、左サイドのマルヴィン・プラッテンハルトの折り返しに、ゴール前に飛び出したヴェダド・イビシェヴィッチがフリーで合わせるが、GKルーカス・フラデツキーに弾き出される。その直後の左CKで、ニアサイドに飛び込んだイビシェヴィッチが頭で合わせるが、クロスバーに阻まれた。

さらにヘルタ・ベルリンは15分、ミッチェル・ヴァイザーからのパスを受けた原口が、エリア内右でシュートを放つが、フラデツキーに正面でキャッチされた。

ヘルタ・ベルリンがチャンスを作っていたが、先制したのはフランクフルトだった。22分、右CKから、マルク・シュテンデラのボールに、ニアサイドでマルコ・ルスが頭ですらす。そのボールに、中央のアレクサンダー・マイアーが左足で合わせると、シュートはゴール右隅に決まった。

33分、カウンターを仕掛けたヘルタ・ベルリンは、左サイドのプラッテンハルトからのクロスに、イビシェヴィッチがニアサイドに飛び出し、右足で合わせるが、クロスバー上に外れた。フランクフルトは42分、エリア手前右でパスを受けたシュテンデラがワントラップから、右足を振り抜く。だが、強烈なシュートはクロスバーに弾かれ、追加点とはならなかった。前半はフランクフルトの1点リードで折り返す。

後半に入ってヘルタ・ベルリンは59分、原口からのパスをエリア内右で受けたイビシェヴィッチが、フリーで右足シュートを放ち、ゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴール。その後は、お互い決定機を作れないまま時間が進む。

フランクフルトは77分、味方のロングボールに反応したルク・カスタイニョスが、エリア内左でボレーシュートを放つが、枠を大きく外れた。一方のヘルタ・ベルリンは79分、エリア内右でパスを受けたヴァレンティン・シュトッカーが左足を振り抜くが、シュートはフラデツキーにセーブされた。

すると82分、ヘルタ・ベルリンが同点に追いつく。エリア手前中央のアレクサンダー・バウムヨハンがスルーパスを送るも、相手DFにカットされる。だが、セカンドボールを拾ったウラジミダール・ダリダがエリア内右に抜け出し、落ち着いてシュートをゴール右隅に沈めた。

追いついたヘルタ・ベルリンは86分、原口を下げてヨハネス・ファン・デン・ベルクをピッチに送り出す。両チーム得点を狙うも、試合はこのままタイムアップを迎え、1-1のドローで終了した。なお、長谷部はフル出場。原口は86分までプレーした。

次節、フランクフルトは10月3日にアウェーでインゴルシュタットと対戦。ヘルタ・ベルリンは同日に、日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVをホームに迎える。

【スコア】
フランクフルト 1-1 ヘルタ・ベルリン

【得点者】
1-0 22分 アレクサンダー・マイアー(フランクフルト)
1-1 82分 ウラジミダール・ダリダ(ヘルタ・ベルリン)

フランクフルト、ヘルタと1ー1
引用元:ブンデスリーガ公式サイト 27.09.2015 17:44:43 配信
http://www.bundesliga.com/jp/news/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9_383555.jsp

ブンデスリーガ第7節最終日の9月27日、長谷部誠が所属するフランクフルトは本拠地で原口元気のヘルタ・ベルリンと対戦し、1-1で引き分けた。長谷部はフル出場し、原口は86分までプレーした。

フランクフルト 1ー1 ヘルタ

開始から8分、フランクフルトは長谷部がチャンスメイク。右サイドから斜めにいれたボールをアイグナーがシュートしたがボールは惜しくも枠を外れた。13分には、原口が混戦からのこぼれを拾いシュートを打ったが、勢いがなくGKにキャッチされた。22分、フランクフルトが先制。右からのCKをルスが頭ですらしたボールに、マイヤーが左足で合わせて決めた。1点を追うヘルタは33分、左サイドのクロスからイビセビッチがボレーシュートを放ったが枠をとらえることはできない。42分、フランクフルトのステンデラがミドルシュートを放ったが、バーに当たり跳ね返った。

後半はヘルタがボールを支配し、攻め上がる。58分、原口がドリブルで攻め上がり逆サイドのイビセビッチへラストパスを出したが、これにはオフサイドの旗が上がった。77分、フランクフルトはカスタイニョスがロングボールに抜け出してGKと1対1に。しかし、シュートは大きくゴールを超えた。終盤はヘルタが押し気味に試合を進め、82分にはダリダがついに同点ゴールを決めた。ゴール正面でDFを引き付けたバウムヨハンのパスが一度はフランクフルトDFに当たったが、それでも何とかつながり、これをダリダが落ち着いて決めた。86分、原口が退く。試合はこのまま1-1の引き分けで終了した。

データが語る!フランクフルト、ホームで無敗は継続
引用元:ブンデスリーガ公式サイト 27.09.2015 20:04:35 配信
http://www.bundesliga.com/jp/news/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9_383569.jsp

9月27日に行われたブンデスリーガ第7節、長谷部誠の所属するフランクフルトは本拠地で、原口元気のヘルタと対戦した。フランクフルトは22分にアレクサンダー・マイヤーのゴールで先制したものの試合終盤に追いつかれ、試合は1-1の引き分けに終った。

試合後、フランクフルトのアルミン・フェー監督は「ヘルタに先制されていてもおかしくなかった。後半は相手に試合を支配されたので、引き分けの結果は良しとできる」とコメント。ヘルタのパル・ダールダイ監督は「1-1の結果に、とても満足しています。相手も良かったが、後半はうちが善戦した。あと試合が10分間長ければ、逆点できていたような予感もしていた」と話した。それでは、この試合のデータを紹介しよう。

勝利を逃したフランクフルト

・フランクフルトは15年来のホームで負けなし(8勝、6分け)の記録を14に伸ばした。

・マイヤーは、ヘルタとの対戦で4試合連続得点とした。

・フランクフルトはCKから今季初得点を挙げた。逆にヘルタにとっては初めてのCKからの失点となった。

後半追い上げたヘルタ

・ダリダが加入後初ゴールを挙げたヘルタは、ブンデスリーガで最も的の絞れないチームだ。今季通産8ゴールは6選手によって挙げられている。

・後半はシュート数8:3、ボール保持率も57%とヘルタが明らかに試合を優勢に進めた。同点に追いつくべくして追いついた。

・ヘルタには運も味方している。今季ブンデスリーガで最多(7回)ゴールポストやバーにピンチを救われている。しかし、フランクフルトでは逆にチャンスがポストやバーに弾かれた場面もあった。

・開始22分での失点はヘルタにとって今季最速の失点だった。

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。