あと1試合

 

長谷部“カズ記録”あと1試合も謙虚 「カズさんには及ばない」
引用元:デイリースポーツ 10月5日(月)21時58分配信
http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2015/10/05/0008459374.shtml

 「W杯アジア2次予選、シリア-日本」(8日、マスカット)

 サッカーW杯アジア2次予選のシリア戦に臨むサッカー日本代表は5日、欧州クラブ所属の2人を除いた21人が試合開催地のオマーンの首都マスカットに到着した。

 MF長谷部誠(31)=フランクフルト=は、シリア戦に出場すればW杯予選での通算出場試合数が26試合となり、FW三浦知良(現J2・横浜C)に歴代3位で並ぶ。

 現在、GK川口能活(現J2岐阜)と並ぶ25試合出場の長谷部は「出場数よりどれだけ貢献できたか。そういう意味ではカズさんには及ばないが、2人とも地元(静岡)の先輩なので頑張ります」と語った。

ハリルJ、夕方でも35度のオマーンで初練習 香川らが汗流す
引用元:サンケイスポーツ 2015.10.5 23:41 配信
http://www.sanspo.com/soccer/news/20151005/jpn15100522410003-n1.html

 サッカーの日本代表はワールドカップ(W杯)アジア2次予選E組のシリア戦(8日午後5時=日本時間同午後10時開始)へ向けて5日、試合が行われるオマーンの首都マスカットに到着し、現地で初練習した。

 午後5時をすぎても気温は約35度。冒頭にハリルホジッチ監督が円陣で指示を出し、岡崎(レスター)香川(ドルトムント)らがランニング中心のメニューで汗を流した。本田(ACミラン)南野(ザルツブルク)は6日の練習から合流予定。

 E組は勝ち点9で首位のシリアを日本が2差で追う。日本は13日にはテヘランでイランと国際親善試合を行う。

日本代表がオマーンに到着…シリア代表スタッフの出迎えを受ける
引用元:SOCCER KING 10月5日(月)18時45分配信
http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20151005/356856.html

 日本代表が5日、シリア代表と対戦するオマーンのマスカット国際空港に到着した。

 先頭でゲートを出てきたヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、出迎えに訪れていたシリア代表チームの関係者とあいさつ。日本サッカー協会の霜田正浩技術委員長も合流し、親交を深めた。その後、選手とスタッフはバスへ乗り込んで宿舎へ移動した。

 ヨーロッパでプレーする海外組は、多くの選手が一足早くオマーン入り。岡崎慎司(レスター)と吉田麻也(サウサンプトン)のプレミア組、長谷部誠(フランクフルト)、武藤嘉紀(マインツ)、清武弘嗣(ハノーファー)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、酒井高徳(シュトゥットガルト)のブンデスリーガ組は前夜に、長友佑都(インテル)は5日早朝に到着。代表チーム本体が到着する1時間ほど前には、バイエルン戦を終えてそのまま空港へ向かったという香川真司(ドルトムント)もオマーンの地を踏んだ。本田圭佑(ミラン)と南野拓実(ザルツブルク)は今夜の便で合流予定。

 日本代表は5日夕方からマスカット市内で集合後初の練習を実施。アジア2次予選でグループ首位に立つシリアとの一戦に向けて調整を進める。

 中立地のオマーンで行われるシリア戦は、日本時間の8日(木)22時キックオフ予定。

独メディア、決勝点アシストの清武を評価「司令塔として動いた」
引用元:SOCCER KING 10月5日(月)20時55分配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20151005/356885.html

(略)

 一方、日本代表MF長谷部誠が所属する11位フランクフルトは昇格組の8位インゴルシュタットに0-2で敗れた。

 長谷部は右サイドハーフで開幕から8試合連続の先発出場となったが、両チーム無得点で迎えた57分にベンチに下がった。

 今シーズン開幕から長谷部の不調を指摘し続けている地元紙『Frankfurter Rundschau』は、同選手に対し3戦連続で最低点を与え、「もはや見る影すらない。ひと休み入れるのも手だろう」とスイッチを切り替えるべく、冷却期間を提案している。

(略)

■長谷部誠
対インゴルシュタット(0-2●)先発出場、57分交代
『Frankfurter Rundschau』
採点:Schwächelnd(=低調/5点相当)
寸評:いったい、この日本人選手だけに何が起きているのか? もはや見る影すらない。今まで見たこともないようなパスミス。完全に集中力が切れていた。前節の通信簿(寸評)でも提案したたように、ここでひと休み入れるのも手だろう。

*記事全文はリンク先をご覧ください

『すぽると!』バイエルン戦 香川の活躍は!?長谷部も特集
引用元:サンケイスポーツ 2015.10.5 05:00 配信
http://www.sanspo.com/soccer/news/20151005/bun15100505000001-n1.html

 今夜のすぽると!はマンデーフットボールです。今季のブンデスリーガで2位のドルトムントが、リーグ4連覇を目指す首位のバイエルン・ミュンヘンと激突します。2018年ロシアW杯アジア2次予選の大一番、シリア戦を前に香川真司がどんなプレーを見せてくれるのか? SPORTカメラが究極の戦いを追います。また、日本代表の主将、長谷部誠を特集。ボランチとして長谷部の描く「理想像」とは誰なのか? ご注目ください。

ハリル監督異例の別行動、欧州組映像見たくて羽田発
引用元:日刊スポーツ 2015年10月5日7時50分 配信
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1548453.html

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が選手のコンディションチェックのため「別便移動」を敢行した。チームは8日にオマーンで行われるW杯アジア2次予選シリア戦に向け、4日深夜に関西空港から出発した。ハリルホジッチ監督も同便で向かう予定だったが、3日に欧州各国で行われたリーグ戦の映像チェックを優先するため、急きょ自宅に近い羽田空港発の便に変更。指揮官が異例の単独行動で遠征に出掛けた。

 国内組の選手とともに、関西空港からオマーンへと向かうはずだったハリルホジッチ監督は、樋渡通訳と協会広報を伴い3人だけで羽田空港にやって来た。時間は午後11時前。その頃、監督不在の関西空港から出発することになった選手たちは、ちょうど航空機に乗り込むところだった。

 協会関係者によると、前日3日に急きょ出国便を変更したという。自宅で主に海外組の映像チェックを続けており、関西まで足を運んで搭乗する時間が惜しかったから。自ら「昨日は全試合見ました。ほとんど寝ていないから頭が痛い。ラグビーも見ましたから」と説明した。

 日本が快勝したラグビーW杯サモア戦もチェックする念の入れようだったが、便変更なら、会場に出向いて視察もできた4日の川崎F-G大阪戦(等々力)に姿はなく「まだ映像を見ていない」とあくまで海外組を重視。本当は寝坊での搭乗便変更では? という質問には「ノン」と完全否定し出国ゲートをくぐった。

 欧州では3日にハノーバーMF清武、ヘルタMF原口、ハンブルガーSVのDF酒井高、フランクフルトMF長谷部、レスターFW岡崎、サウサンプトンDF吉田らがリーグ戦でプレーした。これらを順次チェックしていけば相当な時間がかかる。さらにお気に入りのエディージャパンも、となれば少々お疲れモードで羽田に現れたのも、仕方ないか。

 経由地ドバイまでとはいえ、国内組と同行せず監督が単独行動で遠征に出掛けることは異例だ。国内組で臨んだ8月の東アジア杯の往路には乗り継ぎ地の上海でチーム全体を集めて食卓を囲んだ。コミュニケーションを重視するが、今回は同便移動よりも個々のコンディションを見定めることを最優先。ハリル流全開の旅立ちとなった。

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。