日本人は7名先発入りか?

   2015/10/08

香川や南野は好調だが、長友と本田は苦しい立場に――日本代表メンバーの近況報告|海外組編
引用元:SOCCER DIGEST Web 10月2日(金)17時28分配信
リンク

長友と酒井高は試合勘とコンディションに小さくない不安を残す。

 10月の2連戦に向けた日本代表メンバーが、10月1日に発表された。日本は10月8日にロシア・ワールドカップ・アジア2次予選のシリア戦(オマーン・マスカット/日本時間22時)、同13日に国際親善試合のイラン戦(イラン・テヘラン/日本時間22時30分)を戦う。

 今回選出された海外組は11名。前回から故障中の酒井宏樹が外れる一方、清武弘嗣が復帰し、南野拓実が初招集された。

 ヨーロッパで研鑽を積むサムライたちは、いかなる状況下でどんなパフォーマンスを見せているのか。近況をお伝えする。

(略)

いずれもブンデスリーガで活躍中。MF陣は軒並み好調だ。

MF
長谷部誠(フランクフルト)
今季成績(ブンデスリーガ):7試合・0得点
 右SBでの出場を求められ、やや精彩を欠いた開幕当初とは異なり、4-3-1-2システムの右ボランチに定着した9月以降のブンデスリーガ4試合では、安定したパフォーマンスを披露した。

 ハードワークを欠かさずに、攻守の両局面に幅広く顔を出しては気の利いたプレーを見せ、チームに貢献している。

 ここまでの出場時間は、フランクフルトのフィールドプレーヤーでは3番目に多い605分(630分中)。ヴォルフスブルク時代にも師事したフェー新監督の信頼をがっちりと掴んでいる。

(略)

*記事全文はリンク先でご覧ください

首位決戦に向け香川は8試合連続スタメンへ…日本人は7名先発入りか
引用元:SOCCER KING 10月2日(金)17時59分配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20151002/355956.html

 ブンデスリーガ第8節が2日から4日にかけて開催される。ドイツ誌『キッカー』が各試合の予想先発メンバーを掲載した。今節は好調が続く日本代表MF香川真司をはじめ、同代表FW武藤嘉紀、同FW原口元気、同MF長谷部誠、同MF清武弘嗣、DF酒井宏樹、FW大迫勇也の日本人選手7名が先発出場すると予想されている。これは第6節と並んで今シーズン最多となる。

(略)

 長谷部所属のフランクフルトは同日に、インゴルシュタットとのアウェーゲームに臨む。長谷部は「4-3-1-2」の左インサイドハーフで8試合連続の先発出場をするとみられる。

(略)

*記事全文はリンク先でご覧ください

フェー監督、長谷部の復調に期待
引用元:Kicker日本語版 2015/10/02 配信
http://www.kicker-japan.com/2015/10/blog-post_2.html

前節ではリードしながらも、ヘルタに終盤で追いつかれたフランクフルト。フェー監督は選手達により警戒心を持つように要求。さらに長谷部誠の状態が上がることへの期待も述べた。「彼のパスの正確性は我々にとって必要なものだ。しかし今はそれが不足している」

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。