【動画】10/6 長谷部誠インタビューと練習動画

   2015/10/08

ワールドカップ ロシア・アジア2次予選のシリア戦へ向けて、オマーンのマスカットで合宿2日目を­迎えた代表に、合流が遅れていた本田さんと南野さんが加わり、23人全員での練習になりました。この日はその2人と長谷部さんが記者のインタビューに応えました。

SAMURAI BLUE、全員揃って非公開で戦術練習
引用元:JFA 2015年10月07日 配信
http://www.jfa.jp/national_team/news/00007575/

SAMURAI BLUE(日本代表)は10月6日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア2次予選第4戦のシリア戦へ向けてオマーンのマスカットで合宿2日目を迎え、合流が遅れていたMF本田圭佑選手(ACミラン)とFW南野拓実選手(ザルツブルク)も加わって23人全員での練習になりました。

この日の練習はシリア戦キックオフ時間と同じ時刻から始まり、気温がまだ35度近くあるなか、選手たちはランニングやフィットネストレーニングで体をほぐしました。その後は非公開として、セットプレーや戦術の練習に入念に取り組みました。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下で初めて招集された20歳のFW南野は初練習を終えて、「小さい頃から来たかった憧れの場所。レベルの高い選手たちとやれてうれしい」と話し、「自分もパスを要求したり、自分の動き出しを知ってもらうことが必要。練習からどんどんアピールしていきたい」と述べました。

ただ、プレーしている欧州との気候のギャップには、「ザルツブルクは結構もう寒いので…」と戸惑っている様子でしたが、「今日、しっかり体は動かした。慣れていくと思う」と話しました。

アジア2次予選グループEで首位のシリアを勝ち点2差で追う日本は、グループ1位突破のためには勝利が求められています。

MF長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)は、「今度の試合の大切さはみんな十分理解しているし、練習も非常に緊張感のあるいいものになっている」と話し、「この暑さの中でどういうサッカーをしないといけないのか。時には効率も考えないといけない。ふわっと試合に入らないようにしたい」と気を引き締めていました。

また、MF本田圭佑選手(ACミラン)は、「シリアは何度か対戦してきた相手で、体が非常に強い。この暑さの影響などで、球際で少しでも相手にチャンスを与えるようなことをしてしまうと、ピンチも招くしチャンスも多く作れない」と指摘。選手全員で改めて意識することが必要だと話しています。「チームで気を引き締めて試合に入りたい」と語りました。

試合は当地のシーブスタジアムで、8日17時(日本時間22時)キックオフの予定です。

(略)

選手コメント

MF 長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)
シリアとは2011年のAFCアジアカップ以来の対戦で、それ以降どのような形で変わってきているかはこれから見ないといけないですが、効率よく点を獲りますし、失点も今のところゼロ。球際も激しく来るので、簡単な試合にはならないと思います。球際を求めなくてはいけないですし、シリアとの試合を経験していない選手には自分たちが伝えないといけないと思っています。この試合の大切さはみんな分かっているので、みんなで良い雰囲気を作って良い準備をして、勝ち点3を取りたいです。

*他の選手のコメントについてはリンク先をご覧ください

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。