【動画】テヘランにて

   2015/10/13

SAMURAI BLUE イラン代表との親善試合に向けてテヘランでトレーニングを開始
引用元:JFA 2015年10月10日 配信
http://www.jfa.jp/national_team/news/00007604/

8日、シリア代表に3-0で勝利し、2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選でグループ首位となったSAMURAI BLUEは同日、13日に臨む国際親善試合 イラン代表との一戦に向けてイラン・テヘランへと移動しました。

試合後に夕食を取ると、慌ただしく荷造りを行い、日付が変わる頃に空港へと移動。テヘランの地に降り立ったのは朝の4時でした。入国手続きを終え、ホテルへと入ると、朝食を取って、まずは体を休めます。テヘランでの初トレーニングは17時からPAS Stadiumで行いました。

昨日、試合に先発出場をした選手たちはジョギングからストレッチと軽い運動で汗を流し、一足早くホテルへと戻ると回復系のトレーニングを行いました。一方、残った12選手はゲーム形式のトレーニングを実施。各選手とも次の試合の試合へ出場するべく、精力的に汗を流していました。

テヘランのアザディスタジアムで行われる国際親善試合 イラン代表との一戦は13日17:00(日本時間22:30)キックオフとなります。

選手コメント

MF 長谷部誠 選手(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)
シリアは今までの相手とは全然違って前に出てくるチームでした。相手が良くやっていたので、我慢かなというのはありました。相手が前から来て乗っていたので、裏はとれるなと思っていました。一発狙えたのは良かったです。ただ、チャンスを与えてしまったのは反省しないといけないですし、戦い方として足元が多かったので、もう少しバリエーションの話はしていってもいいと思います。シリアのように前線に人を残してくる場合はこれから出てくると思うので、次の試合で試しても良いこともあるかと思っています。

*他の選手のコメントはリンク先でご覧ください

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。