【日本代表 vs カタール代表】試合終了後の長谷部誠選手(VfLヴォルフスブルグ)コメント

   2015/05/21

【日本代表 vs カタール代表】試合終了後の長谷部誠選手(VfLヴォルフスブルグ)コメント
引用元:J’s Goal 配信
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00074055.html

11月20日(木) 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選
日本 3 – 0 カタール (01:30/ドーハ)
得点者:19′ 田中達也(JPN)、47′ 玉田圭司(JPN)、68′ 田中マルクス闘莉王(JPN)
●長谷部誠選手(VfLヴォルフスブルグ):
「相手のCBは走り込んでバウンドするボールの処理がうまくないという映像があった。それを(田中)タツヤが巧くやってくれた。
1点目についてはタツヤに聞いてくれた方が早いと思うが、あれはスカウティングがやってたことです。
(2点目のところは)玉田さんがフリーだったが、あそこで打つとは思わなかった。打つことが大事ですね」
長谷部選手 コメント
カタール 0-3 日本
-アシストの場面は?
「(玉田が)フリーでいたから出したけど、打つとは思わなかった。今日は素晴らしいゲームができた。相手にチャンスを与えず、自分たちのやろうとしていることができた。」
-これで予選突破に向けて楽になった?
「下を見るのではなく、オーストラリアとの差を見て、逆転できるようにしたい。次、ホームで勝てば逆転できる。高いところを見ていきたい。」
-積極的に攻撃参加していたが?
「監督からもどんどん飛び出せと言われていた。相手のセンターバックは処理が下手だと聞いていたので、そこに注意して入った。そこは狙っていた。」

  • 0 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。