再びスコアレスドロー

   2015/11/09

長谷部「あれだけチャンスがあって…」 スコアレスドロー悔やむ
引用元:サンケイスポーツ 2015.11.8 17:41 配信
http://www.sanspo.com/soccer/news/20151108/bun15110817410013-n1.html

bun15110905000004-p1

ブンデスリーガ第12節(7日、ホッフェンハイム0-0Eフランクフルト、ホッフェンハイム)右サイドバックでフル出場した長谷部は無得点での引き分けを悔やんだ。守備は納得の様子だったが、攻撃には「あれだけチャンスがあって1点も決められないと厳しい」と不満げだった。

前半に足首を痛めたが「問題はない」と影響を否定。今後は日本代表の一員としてワールドカップ(W杯)アジア2次予選を控える。「移動や気候などいろいろあるが、しっかりコンディションを整えたい」と気を引き締めた。

長谷部フル出場のフランク、好機生かせず17位とスコアレスドロー
引用元:SOCCER KING 11月8日(日)1時29分配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20151108/367615.html

ブンデスリーガ第12節が7日に行われ、ホッフェンハイムと日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトが対戦した。長谷部は右サイドバックで3試合連続の先発出場を果たした。

前節、首位バイエルンの連勝を10でストップさせたフランクフルト。今節は勢いそのままに今シーズン4勝目を狙いたい。一方のホッフェンハイムはここまでわずか1勝の17位に沈んでいる。ホームで5試合ぶりの勝利を掴みたいところだ。

試合は開始からホームのホッフェンハイムがシュートに持ち込む。8分、エドゥアルド・バルガスがミドルシュートを放ったが、ここはGKルーカス・フラデツキーがセーブした。

一方、フランクフルトは31分、右CKからニアですらしたボールを最後はシュテファン・アイグナーが押し込み先制かと思われたが、ここはオフサイドポジションにいたとして得点は認められない。続く41分、エリア右横でボールを持った長谷部がドリブルでエリア内に進入する。長谷部はキム・ジンスと交錯して倒れたが、主審はPKをとらなかった。

後半立ち上がりの48分、フランクフルトはビッグチャンスを迎える。右サイドからのクロスが相手DFに当たると、こぼれ球をエリア左のアレクサンダル・イグニョフスキがダイレクトで狙ったが、ここは枠の上に外れてしまった。

77分、フランクフルトに決定機。ゴール前でアレクサンダー・マイアーからパスを受けたアイグナーがダイレクトシュートを狙ったが、ここはGKオリヴァー・バウマンに防がれてしまった。結局、両チームともにゴールを割ることはできず、0-0のスコアレスドローに終わった。なお、長谷部はフル出場している。

次節、ホッフェンハイムは敵地で日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと、フランクフルトはホームでレヴァークーゼンと対戦する。

【スコア】
ホッフェンハイム 0-0 フランクフルト

前節バイエルンを止めた長谷部フランク、今度は17位相手にスコアレス
引用元:ゲキサカ 11月8日(日)8時30分配信
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?175834-175834-fl

[11.7 ブンデスリーガ第12節 ホッフェンハイム0-0フランクフルト]

ブンデスリーガは7日、第12節2日目を行い、MF長谷部誠の所属するフランクフルトは敵地でホッフェンハイムと対戦し、0-0で引き分けた。長谷部は右サイドバックで3試合連続のフル出場を果たした。

前節のバイエルン戦に0-0で引き分け、バイエルンの開幕からの連勝記録を10でストップしたフランクフルト。この日は降格圏の17位に低迷するホッフェンハイムが相手だったが、最後まで1点を取り切れず、バイエルン戦に続いてスコアレスドローに終わった。

長谷部ヒヤリ元新潟DFと交錯 左足首痛め転倒…最後までプレー
引用元:スポニチアネックス 2015年11月8日 05:30 配信
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/11/08/kiji/K20151108011470680.html

ブンデスリーガ第12節 フランクフルト0―0ホッフェンハイム (11月7日)

 フランクフルトの日本代表MF長谷部は敵地のホッフェンハイム戦に右サイドバックで4試合連続の先発出場したが、ヒヤリとする場面があった。

 前半41分にドリブルでペナルティーエリアに進入した際に、元新潟の相手DF金珍洙と交錯。左足首を痛めて倒れた。すぐには起き上がれなかったが、治療を受けてピッチに戻ると最後までプレー。バイエルンMの開幕連勝記録を10で止めた前節に続き、2試合連続完封に貢献した。

ヒュブナーSD「長谷部のプレーはPKだった」
引用元:Kicker日本語版 2015/11/08 配信
http://www.kicker-japan.com/2015/11/blog-post_8.html

ビルト紙はヒュブナーSDが、前半41分の長谷部誠のプレーについて、「明らかにPKを獲得すべきだった」との見方を示したことを伝えた。

ヒュブナーSDは試合について「我々の方が明らかに上回っていた。しかし勝ち点2を逃す結果となった」と振り返り、「主審は我々に不公平なジャッジをいくつか下した」とコメント。

前半41分に長谷部誠がPA内で、相手選手からチャージを受けていた場面について「長谷部のあの場面は明らかにPKだと思う。監督にもそう話したよ。あれほど倒れていたのだから、PKだったのだろうとね」と語っている。

長谷部、フランクフルトの日本人獲得の可能性について「聞いている」
引用元:SooccerKing  2015.11.08. 08:56 配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20151108/367759.html

フランクフルトに所属する長谷部誠が、7日に行われたブンデスリーガ第12節ホッフェンハイム戦後に記者団の質問に応じた。

今季、ブンデスリーガでは欧州各国リーグ最多となる10人の日本人選手がプレー。多くの日本人選手がプレーする理由として長谷部は「ブンデスリーガは外国人枠がないので、日本人が来やすい」と要因の一つとしてリーグのルールを挙げ「奥寺さんに始まり、高原さんらが活躍したことで、日本人の認知度が広まった」と話した。

多くの日本人選手が活躍する一方で課題も挙げた。「一概には言えないけど、一番はフィジカル。日本人はテクニックが優れていると言われているけど、ブンデスリーガのような厳しい環境の中でどれだけテクニックを出せるか」とコメント。「それと、言葉を覚えたほうがいい。みんな、もう少し頑張ったほうが良い」と続けた。

試合前日にフランクフルトの強化担当ブルーノ・ヒュブナー氏が明かした新たな日本人選手獲得については「僕も耳にはしています」と話し「商業的な目的の移籍ではなく、チームの戦力として獲得してもらうことが大事だと思う」と自身の意見を述べた。

試合中に痛めた左足首は「大丈夫です」とコメント。日本代表への合流に向けて問題ないことをアピールした。

フランクフルト強化担当が明かす「Jリーグに2、3人の獲得候補がいる」
引用元:SoccerKing 2015.11.08. 08:23 配信
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20151108/367756.html

フランクフルトでスポーツ・マネージャーを務めるブルーノ・ヒュブナー氏が11月6日、サッカーキングなどのインタビューに応じた。

フランクフルトにはこれまで高原直泰(現・SC相模原)、稲本潤一(現・コンサドーレ札幌)、乾貴士(現・エイバル)、そして、現在も在籍する長谷部といった日本人選手が多くプレー。チームの補強や選手獲得に大きな発言権を持つ同氏は、Jリーグや日本市場について「常に注目している」と明言。「スカウトが8日前(10月末頃。ナビスコ杯決勝、J2第38節、第39節などが開催)に日本でJリーグを視察した」と話し、「名前を明かすことは出来ないが……」を前置きをしつつ「Jリーグで2、3人獲得に興味がある選手がいる」と明かした。

フランクフルト空港はロンドンのヒースロー空港、パリのシャルル・ド・ゴール空港と並ぶヨーロッパの大規模空港なハブ空港の一つ。空港は中心街から電車で15分ほどの距離にあり、「空港が近い点は大きなメリット。移籍交渉において、セールスポイントの一つになっている」と、新たな日本人獲得に向けて自信を見せた。

早ければJリーグがシーズンオフとなる今冬の移籍市場で、新たな日本人選手がフランクフルトに加入するかもしれない。

原口ドタバタ入国…ストライキ&入国カード記入漏れ
引用元:日刊スポーツ 11月8日(日)22時31分配信
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1563682.html

サッカー日本代表の海外組5選手が8日、シンガポール入りした。

MF清武弘嗣(25=ハノーバー)とDF酒井宏樹(25=ハノーバー)が夕方にチャンギ国際空港に到着し、その直後にFW武藤嘉紀(23=マインツ)、MF長谷部誠(31=フランクフルト)が姿を見せた。FW原口元気(24=ヘルタ)は武藤、長谷部と同便で到着予定だったが、航空会社のストライキに巻き込まれ、ベルリンからフランクフルトに移動できず、ヘルシンキ経由でシンガポールに入りした。

原口は「最初、電車でフランクフルトまで移動すると言われたときは、大変だと思った」と振り返り「すぐに飛行機を変更してもらえて良かったです。ヘルシンキは分かりやすくてスムーズでした」。ただ、シンガポールに入国する際、入国カード記入に戸惑うハプニング。「今日は1人だったし、記入漏れがあって。普通に入れると思ったら入れなかった」と苦笑していた。

  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。