【戸塚啓コラム】中盤と前線をつなぐ長谷部誠の価値

   2015/05/21

【戸塚啓コラム】中盤と前線をつなぐ長谷部誠の価値
引用元:livedoor スポーツ 2008年9月8日 11時54分 配信
http://news.livedoor.com/article/detail/3810858/

3547bb6422fd619b1ddc92768efe1240

サッカーの試合で、記録や記憶に残るプレーはごく一部である。得点やアシスト、警告や退場、ファインセーブや見事なクリアは公式記録や新聞に載り、人々の記憶にも刻まれる。しかし、それらは90分の攻防のごくわずかを切り取ったに過ぎない。

バーレーン戦の前半40分だった。長谷部誠が右サイドからドリブルで持ち上がっていく。突破を強く意識したものではなく、ボールを運んでいくようなプレーだ。

前半終了間際のこの時間帯は、チーム全体の活動量がやや落ちていた。必然的に足元へのパスが多くなり、前への推進力を出せずにいた。そんなときに長谷部が、一気にボールを持ち込んでいったのである。

浦和レッズでの彼が、小野伸二らを退けて先発をつかんでいたのはなぜか。岡田武史監督は、長谷部の何を評価しているのか。

ボールをゲインできるからだ、と僕は考えていた。パスを使うのでなく自らボールを運んでいくことで、彼は中盤と前線をうまくつなぐことができるのだ。そういうプレーが必要な局面で、さりげなく、しっかりと。

「ドリブルで仕掛けると、相手はなかなかついてこない。誰もついてこないので、いい形でチャンスが作れた。ただ、そういうプレーをもっとできればよかったんですが。自分のプレーには、満足していません」

長谷部のパスを受けた田中達也がCKを獲得し、そこからつかんだFKが2点目のPKにつながった。2点目のきっかけと言うのもはばかられるから、長谷部のドリブルを記憶にとどめる人はたぶん少数派だろう。それでも、間違いなく価値のあるものだったと僕は考えている。

  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。