【2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選 日本 vs ウズベキスタン】 試合終了後の長谷部誠選手(VfLヴォルフスブルグ)コメント

【2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選 日本 vs ウズベキスタン】
試合終了後の長谷部誠選手(VfLヴォルフスブルグ)コメント

引用元:J’s Goal 配信

10月15日(水) 2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア最終予選
日本 1 – 1 ウズベキスタン

●長谷部誠選手(VfLヴォルフスブルグ):
「プレスはかけてくるとは思っていた。その中で足元でつなごうつなごうとして取られてリズムを作れなかった。プレッシャーをかけてくる分、ディフェンスラインの前にスペースができる。そこを狙おうとしていた。
前半の最初は良くなくて、途中から良くなった。それを続けようとしていた。ホームだし勝ちたかった。前から行こうという気持ちはあった。(遠藤選手と)どちらかが前に行こうとは話していた。
全体的にうちのペースだったと思う。チャンスも作れていたが、相手は大きいので高いボールを入れてもダメ。でもセカンドは工夫すれば拾えた。最初の失点が余計だった。
相手は4バックだったので、サイドが空いてくるのは分かっていたが、サイドチェンジに時間がかかってしまった。
(試合後は)次、次という風にみんな言っていた。本当は引き分けでしょうがないと思っている選手はいないと思うが」
Q:次の試合まで少し間が空くが、どう過ごしたら良いか?
「Jリーグも佳境に入るが、みんな代表のことも考えながらプレーしないといけない。僕も向こう(ドイツ)でちゃんと試合に出ることが大事だと思っている」

コメント

タイトルとURLをコピーしました