【動画】「僕が常に大切にしているもの」が詰まったショートムービー『挑戦を続ける人 長谷部誠篇』

   2015/05/19

以前から話題になっていたショートムービーについて、長谷部さんが自身のブログで触れておりましたのでご紹介します。

hb2014121502-600x331

長谷部誠公式ブログ 「始まりと終わり。」

このショートムービー『挑戦を続ける人長谷部誠篇』は、日本航空のFaceBook公式アカウントやホームページで紹介されてましたが、日本航空YouTubeチャンネルでも公開になりました。長谷部さんが「僕が常に大切にしているものが沢山詰まっている」とおっしゃる動画です。ぜひ、ご覧下さい。

【挑戦を続ける人 長谷部誠篇】

携帯用動画リンク

002l

001l_201412171108359c9

003l

また、動画公開に合わせてニュースにもなっていたのでご紹介します。

サッカー少年だった長谷部誠の原点に迫る「挑戦を続ける人 長谷部誠篇」公開
引用元:マイナビニュース 2014年12月16日 13時23分 配信
http://news.mynavi.jp/news/2014/12/16/176/
JALは12月15日より、現在ドイツのサッカーチーム「アイントラハト・フランクフルト」に所属し、サッカー日本代表としても活躍している長谷部誠選手を起用したショートムービー、「挑戦を続ける人 長谷部誠篇」をYouTubeで公開している。
JALは現在、失敗を恐れず新しいことに取り組んでゆく「チャレンジJAL」を宣言している。チャレンジを続ける企業として、同じく不断のチャレンジによりキャリアを築き上げてきた長谷部選手を応援するとともに、JALグループ全社一丸となって「チャレンジJAL」を推進している。今回の動画は、静岡県藤枝市の全面的な協力のもとで作成。常に勇気を持って新しい道に挑む長谷部選手をその生い立ちから現在、そしてこれからを描くショートムービーとなっている。
ストーリーは、長谷部選手が初めてサッカーボールに触れた1985年の静岡県藤枝市から始まる。小学校から高校まで、サッカーが好きで好きでたまらない少年の道のりは決して平坦ではなく、何度も挫折を味わい、周囲の止める声も少なくなかったという。そんな長谷部選手のプロ入りの決意を後押ししてくれたのは、ある人の「男なら挑戦するべきだ」の言葉。それ以来、どんなに苦しくても、どんなに報われなくてもチャレンジしようという強い気持ちがいまの長谷部選手を創り上げてきた。
ショートムービーは12月15日より、YouTubeのほか、JALホームページやFacebookでも公開している。

長谷部誠の軌跡を描いたショートムービー~“折れない心”はこうして育まれた
引用元:オリコン 2014年12月16日 11時0分 配信
http://www.oricon.co.jp/news/2045841/full/
サッカー日本代表の長谷部誠選手が、日本航空株式会社(JAL)制作のショートムービー『挑戦を続ける人 長谷部誠篇』に出演していることが、15日わかった。同作では、長谷部選手の生い立ちから現在、そしてこれからにスポットをあてながら、「どんなに報われなくても、挑戦をやめない」という“折れない心”がどのように育まれていったのかが描かれている。
ショートムービーは、長谷部選手の生まれ故郷である静岡県藤枝市からスタート。小学生の頃、漫画『キャプテン翼』の主人公・大空翼に憧れプロサッカー選手を志したものの、決して“エリート”の道を突き進んできたわけではない。高いスキルと身体能力を持つ同僚選手の中でも、決して抜きん出た存在ではなかった。
何度も挫折を味わい、周囲の止める声も少なくない中、プロ入りの決意を後押ししてくれたのはある人の「男なら挑戦するべきだ」との言葉だったという。それ以来、どんなに苦しくても、どんなに報われなくてもチャレンジしようという強い気持ちがいまの長谷部選手を創り上げた。
ショートムービーでは、弱音や泣き言を吐かず、ただ黙々とトレーニングに励む長谷部選手の姿が終始映し出されている。その姿は、切り拓くべき道に、決して“近道”は無いということを体現しており、不動の代表キャプテンまで上り詰めた男の生き様がひしひしと伝わってくる。
目標に向かって自分を信じ、努力を惜しまないこと。それを実践してきた結果として、長谷部選手の今日があり、また未来があるということを描いた今作。「努力が報われない…」と感じている人にこそ是非見て“何か”を感じて欲しい作品だ。
ショートムービー『挑戦を続ける人 長谷部誠篇』はYouTubeのほか、JALホームページ、Facebook上でも現在公開中。

  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。